コロナの収束見えず ホテル投資の冷え込み懸念

2020年04月28日 12時00分

 WBFホテル&リゾーツが大阪地裁に民事再生法の適用を申請した。道内でもホテル出店を増やしていただけに、関係者に動揺が広がっている。新型コロナウイルス感染拡大の収束が見えない中、ホテル投資の冷え込みが懸念される。

開業を予定していた小樽市色内のWBF施設

 小樽市内で初出店となる同社のホテルは7月に開業を控えていた。小樽市指定歴史的建造物の旧小樽商工会議所をリニューアルした観光の目玉となる宿泊施設で、「ニュースに落胆している。ほかのホテル建設計画に影響が出なければいいが」(同商工会議所)と状況を見守る。

 同社はインバウンドの需要拡大で道内では2015年から札幌や函館、小樽と新規出店を増やし、9カ所でホテルを運営。感染拡大で客室稼働率が大幅に減少したことで主要施設を除き、4月中旬から休館を余儀なくされた。

 ホテルはしばらく営業を続ける見通し。休館となった施設も閉館はなく、7月1日の営業再開予定のスケジュールに変更はないとする。

 新型コロナの影響で道内のホテル業界は赤字に転落する企業が相次いでいる。日本ホテル協会の宮崎誠北海道支部長(ホテルオークラ札幌社長)は「この状況が続くと休業、廃業、倒産は増える」と指摘。札幌市内ではここ4、5年で約5000室の供給があったが、ほとんどのホテルで売り上げが伸びず行き詰まるのではないかと説明する。

 感染が収束しても「リーマンショックと同様、元に戻るまで5年はかかってもおかしくない」と先行きを不安視する。

(北海道建設新聞2020年4月28日付2面より)


関連キーワード: ホテル 新型コロナ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

みずほ銀が函館支店を閉鎖へ 札幌支店と統合
2022年05月09日 (14,018)
国道276号千歳市美笛で岩盤崩壊、通行止め
2022年04月20日 (12,319)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,162)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,578)
旭川東神楽道路新設5.5km完成 旭川建管
2022年03月28日 (2,327)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第231回「運動不足の危険性」。将来の死亡リスクが高まります。運動を習慣化するよう心掛けを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第20回「いつもの小掃除」。一人一人に合った方法を見つけるのがストレスフリーな掃除の第一歩です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第19回「気になる販売員の対応」会社や商品を愛している従業員による接客で、顧客満足度の向上を。

連載 掘削が拓く未来
日本初の専門学校

掘削が拓く未来 日本初の専門学校
白糠町内の同校で指導に当たる3人の講師の意気込みを紹介する。