道産木材をふんだんに使用 道議会の新庁舎が報道公開

2020年05月29日 15時00分

地下柱頭免震構造を採用 災害に強く

明るく開放感のある議場

 道は27日、6月1日から一般利用を開始する道議会新庁舎を報道陣に公開した。議場や道民ホール、委員会室などはふんだんに道産木材を使用した特徴的なデザインで、木のぬくもりを感じられる空間となっている。利用者の安全を確保するため、地下柱頭免震構造を採用し、災害に強い庁舎を実現した。

 新庁舎は、S一部RC造、地下1地上6階、延べ1万9160m²の規模で、旧庁舎の1・5倍の広さとなる。設計は日本設計・ドーコン共同体、施工は大成建設・伊藤組土建・宮坂建設工業共同体、岩田地崎建設・岩倉建設・田中組共同体がそれぞれ担当。2018年3月に着工し、20年1月末に完成した。庁舎本体の整備に99億円、地下通路や解体費を含めて約120億円を投じた。

 大規模地震に備えるため、柱頭免震構造を採用し、地下1階部分に免震装置を複数配置。地震による構造体や設備へのダメージを抑え、利用者が長く安心して使える公共施設として整備した。

 議場の天井や壁には道産のタモなどを使用した。天井には道章の七光星のデザインをあしらった。委員会室の壁には、トドマツやカラマツ、ニレなど道産木材を活用し、格子柄など部屋ごとに異なったデザインを取り入れ、木のぬくもりを感じられる空間を演出している。

(北海道建設新聞2020年5月28日付1面より)


関連キーワード: 北海道庁 改築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 東宏
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,330)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,536)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,502)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,352)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,059)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。