道産木材をふんだんに使用 道議会の新庁舎が報道公開

2020年05月29日 15時00分

地下柱頭免震構造を採用 災害に強く

明るく開放感のある議場

 道は27日、6月1日から一般利用を開始する道議会新庁舎を報道陣に公開した。議場や道民ホール、委員会室などはふんだんに道産木材を使用した特徴的なデザインで、木のぬくもりを感じられる空間となっている。利用者の安全を確保するため、地下柱頭免震構造を採用し、災害に強い庁舎を実現した。

 新庁舎は、S一部RC造、地下1地上6階、延べ1万9160m²の規模で、旧庁舎の1・5倍の広さとなる。設計は日本設計・ドーコン共同体、施工は大成建設・伊藤組土建・宮坂建設工業共同体、岩田地崎建設・岩倉建設・田中組共同体がそれぞれ担当。2018年3月に着工し、20年1月末に完成した。庁舎本体の整備に99億円、地下通路や解体費を含めて約120億円を投じた。

 大規模地震に備えるため、柱頭免震構造を採用し、地下1階部分に免震装置を複数配置。地震による構造体や設備へのダメージを抑え、利用者が長く安心して使える公共施設として整備した。

 議場の天井や壁には道産のタモなどを使用した。天井には道章の七光星のデザインをあしらった。委員会室の壁には、トドマツやカラマツ、ニレなど道産木材を活用し、格子柄など部屋ごとに異なったデザインを取り入れ、木のぬくもりを感じられる空間を演出している。

(北海道建設新聞2020年5月28日付1面より)


関連キーワード: 北海道庁 改築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,479)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,191)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,851)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,490)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,219)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。