防火規制に適合 北総研が木造高断熱外壁を開発

2020年06月17日 15時00分

道産木材の利用促進へ

 道立総合研究機構建築研究本部北方建築総合研究所は、木造高断熱外壁「北総研防火木外壁(PF仕様)」を開発した。技術移転先の旭化成建材(本社・東京)が申請し、建築基準法の防火構造で国土交通大臣の認定を取得。防火規制に適合しつつ木材を外装材にできるため、道産木材の利用促進が期待できる。

外壁の模型。木材の内側に付加断熱材がある

 断熱材に防耐火のポテンシャルを見いだしたことから2017―19年度、道産資材を用いた木造高断熱外壁に関する防耐火構造の開発研究を進めた。

 開発したのは外装材に木材、付加断熱材にフェノールフォーム断熱材を用いた木造高断熱外壁。フェノールフォーム協会に生産先を打診したところ、旭化成建材が手を挙げた。成果を受けた同社が申請し、4月13日付で大臣認定を取得。旭化成建材では大臣認定の規格に沿った断熱材ネオマフォームを製造・販売する。

 研究に携わった糸毛治建築研究部建築システムグループ主査は「建築事業者の使い勝手を優先した」と話す。木材を外装材として使用する場合、北総研防火木外壁を使用すれば、セメント板などの「余分な下地が1枚要らなくなる」と強調。また、木材の貼り方によってさまざまなデザインにできる。厚さ15―30㍉、重ね幅15㍉以上であれば自由に組み合わせられる。

 使用できる木材の材質と密度、厚さなどが決められているため、糸毛主査は施工時の注意点として「法律で決まった範囲を超えないよう、性能評価書を見てから作業してほしい」と呼び掛けている。

 北総研では、建築事業者のニーズに応えるため、付加断熱材にポリスチレンフォームとグラスウールを用いた防火木外壁も開発。今後は業界団体か事業者が申請し、それぞれ大臣認定を取得する予定だ。

(北海道建設新聞2020年6月16日付3面より)


関連キーワード: 建築 新技術 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (13.2k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.7k)
道東道占冠―トマムIC間19.9kmで4車線化の準...
2021年01月14日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。