防火規制に適合 北総研が木造高断熱外壁を開発

2020年06月17日 15時00分

道産木材の利用促進へ

 道立総合研究機構建築研究本部北方建築総合研究所は、木造高断熱外壁「北総研防火木外壁(PF仕様)」を開発した。技術移転先の旭化成建材(本社・東京)が申請し、建築基準法の防火構造で国土交通大臣の認定を取得。防火規制に適合しつつ木材を外装材にできるため、道産木材の利用促進が期待できる。

外壁の模型。木材の内側に付加断熱材がある

 断熱材に防耐火のポテンシャルを見いだしたことから2017―19年度、道産資材を用いた木造高断熱外壁に関する防耐火構造の開発研究を進めた。

 開発したのは外装材に木材、付加断熱材にフェノールフォーム断熱材を用いた木造高断熱外壁。フェノールフォーム協会に生産先を打診したところ、旭化成建材が手を挙げた。成果を受けた同社が申請し、4月13日付で大臣認定を取得。旭化成建材では大臣認定の規格に沿った断熱材ネオマフォームを製造・販売する。

 研究に携わった糸毛治建築研究部建築システムグループ主査は「建築事業者の使い勝手を優先した」と話す。木材を外装材として使用する場合、北総研防火木外壁を使用すれば、セメント板などの「余分な下地が1枚要らなくなる」と強調。また、木材の貼り方によってさまざまなデザインにできる。厚さ15―30㍉、重ね幅15㍉以上であれば自由に組み合わせられる。

 使用できる木材の材質と密度、厚さなどが決められているため、糸毛主査は施工時の注意点として「法律で決まった範囲を超えないよう、性能評価書を見てから作業してほしい」と呼び掛けている。

 北総研では、建築事業者のニーズに応えるため、付加断熱材にポリスチレンフォームとグラスウールを用いた防火木外壁も開発。今後は業界団体か事業者が申請し、それぞれ大臣認定を取得する予定だ。

(北海道建設新聞2020年6月16日付3面より)


関連キーワード: 建築 新技術 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,594)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,311)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (2,093)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,907)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,260)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。