道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路

2020年06月29日 15時00分

工期短縮や耐久性向上

 東日本高速道路道支社は24日、道内の高速道路で初導入する超緻密高強度繊維補強コンクリート「J―ティフコム」の試験施工現場を報道関係者に公開した。床版の断面補修材・接着材・防水材の各工程をJ―ティフコムに置き換えることで、工期短縮と耐久性向上につながるのが特長。床版補強や補修への採用を見込んでいる。

流したJ―ティフコムを2cmの厚さに敷きならす様子

 J―ティフコムはサンブリッジ(本社・札幌)と美和テック(同・東京)が共同開発した高強度で高密度のコンクリート。配合に工夫を重ね、骨材を使用せずスチールウールと鉄粉を混入している。接着材を使わずに打ち込みできる。

 通常のコンクリートに比べ薄い上、同等以上の効果が得られ、補修では通常3―5cmに対し、2cmほどの薄さで活用できる。

 道内の高速道路で夏に工事が集中して工期が短くなることや、凍結防止剤使用と寒冷地気候からのダメージを受けるといった課題を解決できる。床版の長寿命化にも有効性が見込まれる。

 試験施工の現場は道央自動車道岩見沢管内舗装補修が進む札幌市内の月寒川橋上り線。2018年4月からNIPPO(本社・東京)が施工を担い、12月の完成を目指す。床版損傷箇所補修工程の防水をJ―ティフコムの施工に置き換えている。

 道支社では試験施工した現場の様子を1年ほど見て、損傷などの耐久性を確認した上で、本格導入を検討する予定だ。

 J―ティフコムは19年12月、技術提案や共同研究を募る道支社の「TIネットワーク」に応募。素材や試行に適した現場があったことから今回の試験施工に至った。

 北海道開発局や寒地土木研究所での職務経験を持つサンブリッジの三田村浩代表取締役は「凍結防止剤などに負けず、劣化しないコンクリートができないかを長年考えてきた」と話し、道内で生み出された素材が今後導入されることに期待を寄せている。

(北海道建設新聞2020年6月26日付3面より)


関連キーワード: 資材 道路 高速道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,243)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,226)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,594)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,530)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,523)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。