大型クレーン搭載した起重機船 室蘭港に寄港

2020年07月03日 12時00分

五洋建設が所有 洋上風力発電建設での活躍期待

 五洋建設(本社・東京)が所有するSEP型多目的起重機船CP―8001の関係者向け船内見学会が6月30日、室蘭港崎守ふ頭で開かれた。定格総荷重800㌧の大型クレーンを搭載した国内初の起重機船で、世界最新鋭の連続式油圧ジャッキシステムを採用。これからの日本沿岸での洋上風力発電建設に寄与することが期待される各設備を紹介した。

室蘭港に寄港したSEP型多目的起重機船CP―8001

 つり全旋回式起重機船にSEP(Self―Elevating―Platform)機能を付与した船体。オランダのGustoMSC社が基本設計、ジャパンマリンユナイテッド(本社・横浜)が建造し、2018年12月に完成した。建造費は約140億円。

 船体寸法は長さ73m、全幅40m、深さ6・5m。デッキ面積は1750㎡。船に備えた全長66・7m×4本のレグが持つジャッキ能力で船体を安定させ波の影響を受けなくすることで、風力発電の風車設置などの作業を実現する。最大30mの水深での作業が可能となっており、10㍗級の風車建造にも対応する。

 今回は、桧山エリアでの調査工事実施に当たり、物資の積み込みなどのため室蘭港に入港。船内見学会では、800㌧の大型クレーンを前に、担当者が「デッキからブームトップまでは、五稜郭タワーほどの高さがある」などとスケールの大きさを強調した。

(北海道建設新聞2020年7月2日付11面)


関連キーワード: 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,670)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,394)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,908)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,763)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,355)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。