北海道観光の起爆剤に 菅官房長官がウポポイを視察

2020年07月15日 10時00分

 民族共生象徴空間(ウポポイ)の開業記念式典出席のため、11日、白老町を訪れた菅義偉官房長官は、式典に先立ちウポポイを視察した。慰霊施設や伝統的なコタン、国立アイヌ民族博物館など各施設について担当者から説明を受けるとともに、関係者を激励した。

慰霊施設で説明を受ける菅官房長官

 慰霊施設では、アイヌ民族文化財団の対馬一修運営本部長が慰霊行事などについて解説。太平洋を望む高台に整備された高さ約30mあるモニュメントの前で、北海道アイヌ協会の大川勝理事長は「立派な施設を造ってもらい協会を代表して厚く御礼申し上げます」と感謝し、同協会の加藤忠常務理事も「アイヌにとって大自然は心のゆりかご。本当にありがたい」と話した。

 中核施設である国立アイヌ民族博物館で夜にプロジェクションマッピングが放映されること、ポロト湖畔でホテルの建設が進められているといった説明を受けた後、メインとなる基本展示室を見学した。

 式典終了後、記者団の取材に応じた菅官房長官は「ウポポイはアイヌ文化を復興、発展させる拠点であるとともに、わが国が多様で豊かな文化を持つ活力ある社会を築いていくための象徴となる施設」と強調し、「1人でも多くの人が訪れ、アイヌ文化の素晴らしさを体験し、民族共生の理念に共感してほしい。また、北海道観光の起爆剤となるよう、道知事や関係者と連携しPRや魅力向上に全力で取り組みたい」と話した。

(北海道建設新聞2020年7月14日付11面より)

本紙購読のご案内

 北海道建設新聞2020年7月14日付では、1面と3面に当記事に関連する内容の記事を掲載しています。1面ではウポポイ開業記念式典様子を報道、3面では北海道経営未来塾による特別講座での菅官房長官の公演を紹介しています。

 記事は紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。

 本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 e-kensinプラスへの加入についてはこちらのページをご覧下さい


関連キーワード: アイヌ文化 文化施設 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,154)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,128)
大手ゼネコン4社21年3月期決算 全社減収減益...
2021年05月19日 (1,492)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1,198)
全社減収も鹿島は増益 大手ゼネコン4社の21年3月...
2021年02月17日 (1,049)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 分譲マンション
老朽化の行方
new

札幌市内に建設された分譲マンションが続々と老朽化している。住まいの行く末はどうあるべきか。再生への道を探る。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。