没後20年を前に毛綱毅曠企画展 道立釧路芸術館

2020年07月30日 18時00分

 あの印象的な作品群はどんな発想から生み出されたのだろう―。釧路市生まれの建築家・毛綱毅曠の没後20年を前に写真や図面、イメージ画などで作品の魅力や背景にある哲学を伝える企画展が、道立釧路芸術館で開かれている。

豊富な資料で多角的に作品を紹介している

 同館での企画展開催は、毛綱氏が亡くなった直後の2001年秋以来。今回は宇宙、建築、人間の3ゾーンに分けて計56点の資料を展示している。

 宇宙ゾーンで山水画風の背景に近代的な建築物や機械を配置した「建築古事記」と題する一連のイメージ画を、建築ゾーンで反住器、釧路市立博物館など釧路管内にある建築物を写真や概念図などで紹介し、人間ゾーンでは実際に毛綱建築を利用した人々の声をスライドにして映写。マクロからミクロへという視点で、氏の建築に対する考え方を感じ取れる構成となっている。

 同館の藤原乃里子主任学芸員は「作品の魅力に触れ、近隣にある文化的資産の価値を見詰め直してほしい」と話す。

 企画展は10月11日までで観覧料は一般900円、高校生と大学生は400円。月曜は休館だが祝日は開館する。

 8月1、15日は午後2時から学芸員が作品解説するギャラリーツアーを予定。観覧料のみで参加でき、事前申し込みの必要もない。日程は未定ながら9月以降も開催する方針だ。(釧路)

(北海道建設新聞2020年7月29日付13面より)


関連キーワード: 建築 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,327)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,537)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,502)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,352)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,059)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。