竹中大工道具館の開館35周年記念巡回展が札幌で始まる

2020年09月19日 10時00分

 公益財団法人竹中大工道具館が主催する開館35周年記念巡回展「木組 分解してみました」が、15日から札幌市内のJRタワープラニスホールで始まった。組子細工や金輪継ぎなどの組木を分解して展示。普段見られない職人技を間近で楽しめる。開催期間は10月25日まで。

 全80点を展示。体験コーナーでは、小さく軽い木組の分解と組み立てができる。来場者は手に取って角度を変えながら珍しそうに断面を眺めていた。

 2・5分の1スケールで作った山口県の錦帯橋の模型は、立ったまま見上げることが可能。組み立て方法と本物を紹介するモニターを見比べることで、分かりやすく仕組みなどが理解できる。

 また「展示会映像コーナー」では、木材を削る様子などを解説付きで上映している。

 当初予定していた人間国宝で木工芸家の須田賢司氏の講演は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止になった。

 時間は午前11時から午後7時まで。入場無料。

(北海道建設新聞2020年9月16日付2面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 技能

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,437)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,594)
悲願の新天塩大橋完成 天塩、幌延町が見学会
2020年10月24日 (1,218)
札幌市が地下鉄駅リフレッシュを凍結
2020年10月22日 (1,087)
解体せず「静かに見守って」 百年記念塔設計者の井口氏
2020年10月07日 (1,022)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。