Eボートで空知川を下る 体験ツアーの可能性を模索 

2020年09月18日 18時00分

空知シーニックバイウェイとかわたび北海道がテストツアー

 空知シーニックバイウェイは13日、水辺の利活用促進などに取り組むかわたび北海道と一緒に、空知川メインルート体験テストツアーを実施した。26人が参加し、Eボート(ゴム製)で空知川を下り、秋の空気と雄大な自然を堪能。今後の体験ツアー実施に向けて可能性を探った。

Eボートに乗って空知川の雄大な自然を満喫した

 シーニックバイウェイの活動の一環として、空知シーニックバイウェイ事務局が企画。NPOまち・川づくりサポートセンター、札幌開建の共催、赤平市、シーニックバイウェイ支援センター、石狩川振興財団が後援し、関係者などがテストツアーに参加した。

 一行は最初に赤平市の平岸地区にある「空知川水辺の楽校」へ移動。インストラクターの指導を受けた後、サポートスタッフとともに5艇のEボートに分乗し、約2時間かけてゆっくりと川を下っていた。途中、北海道の名付け親として知られる松浦武四郎が発見した空知川沿いにある石炭層や露頭炭を間近で観察した。

 午後からは、日本遺産「炭鉄港」の関連施設の赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設を訪問。実際に炭鉱で働いていたガイドの解説を聞きながら、当時の写真や赤平市内の住宅街などのジオラマ、坑道の実測図などを見学した。

 その後は、芦別市内に移動。日本遺産の構成文化財である旧三井芦別鉄道炭山川橋梁や、ヒーリングスポットで芦別川の名勝「三段の滝」を見て回った。

(北海道建設新聞2020年9月17日付10面より)


関連キーワード: 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,438)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,594)
悲願の新天塩大橋完成 天塩、幌延町が見学会
2020年10月24日 (1,218)
札幌市が地下鉄駅リフレッシュを凍結
2020年10月22日 (1,087)
解体せず「静かに見守って」 百年記念塔設計者の井口氏
2020年10月07日 (1,022)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。