部分存続の結論出ず JR留萌本線深川―沼田間沿線

2020年10月05日 10時00分

各自治体の持ち帰りに

 JR留萌本線(深川―留萌間50・1㌔)の沿線4市町長による留萌本線沿線自治体会議が1日、沼田町で開かれた。JR北海道を交えた議論の中で、深川―沼田間の部分存続については、各自治体が持ち帰り調査・研究するとし、具体的な結論には至らなかった。沼田―留萌間の廃線を容認している中西俊司留萌市長は、部分存続と廃止路線を分離して協議することに「次の会合で出てくると思う」との見解を示した。

 会議は非公開。中西留萌市長はじめ山下貴史深川市長、横山茂沼田町長、渋谷信人秩父別町長が参加。JR北海道は綿貫泰之副社長らが出向いた。

 沿線4市町は8月の会議で、沼田―留萌間を廃線とし、深川―沼田間の存続を目指すことで合意。今回の会議ではJRの経営状況を踏まえ、留萌本線の存廃を議論した。

 協議の中で、JR側は自治体の赤字補填(ほてん)がないと路線の存続は厳しいと述べるにとどめ、部分存続への結論に至らなかった。部分存続の場合、3億円程度の地元負担が発生し、折り返し地点の踏切改善などが必要になると説明した。

 自治体側は存続に向けて便の削減など経費削減の協力を要請。深川―留萌間はバス転換基準である輸送密度200人未満の線区だが、深川―沼田間は200人を超える可能性がありJRに具体的な数字の試算を求めた。

 会議終了後、記者会見した中西留萌市長は「JRを交えた協議を行ったこと自体が今後への一歩前進だ」と述べた。

(北海道建設新聞2020年10月2日付1面より)


関連キーワード: 交通 地域交通 留萌 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,437)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,594)
悲願の新天塩大橋完成 天塩、幌延町が見学会
2020年10月24日 (1,218)
札幌市が地下鉄駅リフレッシュを凍結
2020年10月22日 (1,087)
解体せず「静かに見守って」 百年記念塔設計者の井口氏
2020年10月07日 (1,022)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。