20年度業績見通し 建設業は51%が減収

2020年10月26日 15時00分

道中小企業総合支援センターが調査

 北海道中小企業総合支援センターが発表した道内中小の業況調査結果によると、建設業は2020年度業績見通しについて51.5%が減収、47%が営業減益になると回答した。新型コロナウイルスの影響が比較的少ない業種とされるものの、事態の長期化で向かい風が強まっているようだ。

 調査は7月8―22日に実施。同センターの会員企業や支援制度利用企業のうち1151社に依頼し、40.6%に当たる467社が回答した。うち建設業は167社中の69社が答えた。

 建設業の売り上げ見通しは前年度比増加が2.9%、やや増加が20.6%だったのに対し、減少14.7%、やや減少36.8%と悲観的な見方が半数を超えた。全業種では減少36.1%、やや減少32.2%だった。

 営業利益予想は建設業で増加1.5%、やや増加16.2%に対して減少13.2%、やや減少33・8だった。オホーツク地域の業者からは「利益確保のためにコスト削減が重要になっている」との声が聞かれた。ただ、減少とやや減少を合わせた割合は全業種に比べ18.6ポイント低かった。

 業況感の見通しに関して建設業は好転がゼロ、やや好転16.2%、悪化4.4%、やや悪化44.1%。残りの35.3%は変わらないとした。

 また、今抱えている人材面の課題を尋ねると、技術者の不足を挙げた回答は建設業の66.7%と高い割合。若手の不足、従業員の高齢化も各57.6%と目立った。

 調査では新型コロナウイルスの影響についても質問。直面している問題を複数回答で聞くと、建設業は売り上げ減が49.1%と最多で、労働力不足が22.8%で続いた。全業種のトップは売り上げ減の79%で、2位は22.1%の資金繰り悪化だった。建設業で資金繰り悪化を挙げたのは12.3%だった。

 コロナによる売り上げの増減を尋ねたところ、建設業では影響がないとの回答が37.7%で最も多く、業種別でも最も高率だった。影響があった中では、20%減とした社が20.3%、30%減が17.4%あった。

 コロナの影響がいつまで続くかの問いに対しては、建設業は1年が最多で35.3%、2年以上が22%、不明が16.2%だった。全業種でも1年が27.4%でトップだったが、不明が15.3%で続き、1年半、2年、2年以上がいずれも14%で並んでいる。

 労務管理上実施したコロナ対策として、マスクや消毒液など備品の配布、設置を挙げた建設業は98.6%。出張などの中止や延期が50.7%、事務所内の定期消毒も47.8%で高い。今後検討している対策にはテレワークの導入、会議などのオンライン化がそれぞれ33.3%だった。

(北海道建設新聞2020年10月23日付2面より)


関連キーワード: 新型コロナ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 古垣建設
  • web企画

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.3k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.8k)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線...
2020年06月16日 (1.6k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.5k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 空き家で拓く未来

空き家で拓く未来
道内の空き家を巡る状況が変化している。少子高齢化で今後も増える空き家をどう扱うか。未来への手掛かりを探った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第195回は「オフィスでの感染対策」。マウスやキーボードの消毒や、室内の換気をこまめに行いましょう。