恵庭市の花の拠点「はなふる」がオープン

2020年11月15日 10時00分

センターハウスも同時開業

四季折々の風景も楽しめる

 新たなシンボルがオープン―。恵庭市の道と川の駅「花ロードえにわ」隣接地で整備を進めていた花の拠点「はなふる」が11日、供用開始した。中央の芝生広場を7つのガーデンが囲み、四季折々の風景を楽しむことができる。子どもの遊び場を備えたセンターハウスも同時に開業。各地から訪れる利用者を受け入れ、にぎわい創出を図る。

 2016年度に花の拠点整備事業として基本計画を策定。はなふるの造成やセンターハウス改修、道と川の駅リニューアル、農畜産物直売所かのな移転新築などに取り組んできた。道と川の駅、かのなは春にオープンした。

 はなふるは中央に噴水や芝生広場があり、周囲を彩るガーデンは①大きなカステラが焼けるお庭②The Playground③暮らしを恵む庭④グラベルガーデン⑤キッチンガーデン⑥虹色の鳥⑦ミチノモリ―の7つのテーマで来訪者を楽しませる。

 全体の監修は高野ランドスケーププランニング。ガーデンは道内のガーデナーがデザインを担当した。

 センターハウスは、旧保健センターを改修し、1階に観光案内所や、RVパークとしてキャンピングカーで宿泊可能な環境を整備。専用駐車場やシャワールーム、トイレ、談話スペースを設けた。2階の子どもの遊び場では、屋内でも体を動かして遊べるようさまざまな遊具を配置した。

センターハウスに設けた遊び場

 現地で開いた記念式典で原田裕市長は「北海道を代表するガーデナーにより、個性的で質の高いガーデンが完成した。花のまちにふさわしい全国に誇れる公園」と、はなふるへの思いを語った。

(北海道建設新聞2020年11月12日付10面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 造園 道の駅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,355)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,251)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (2,707)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,501)
帯広中心部の空洞化懸念 藤丸百貨店閉店に危機感
2022年11月11日 (1,958)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。