市内業者条件など要望 苫小牧市民ホール整備運営意見交換会

2020年11月19日 15時00分

 苫小牧市は、10月19―21日に実施した仮称・苫小牧市民ホール整備運営事業要求水準書素案に関する意見交換会の結果を公表した。規模や設備、運営、維持管理などに対する意見が挙がったほか、整備事業者の選定方法についての要望も寄せられた。

 市民ホール[会員専用MAP↗]は、市民会館、文化会館、交通安全センター、労働福祉センターを集約した複合施設として構想。市では初となるPFI事業を導入し、BTO方式を採用する予定だ。旧苫小牧東小と市民会館の敷地を活用し、面積は約1万2000m²、駐車場は最低450台程度確保する。

 整備事業者は、複数企業で構成するグループを対象に、構成企業には市に本店を持つ企業を入れることを求める。事業期間は設計、建設が2022年7月から25年12月、開業準備期間が26年1―2月、運営、維持管理期間が26年3月から46年3月までとなっている。

 市は仕様書に当たる要求水準書素案を公表し、19―21日の期間で事業者などと意見交換会を開催。諸室・面積、設計、建設、維持管理業務、運営、参加資格要件、施設利用など各分野で意見や質問が多数寄せられた。

 市内業者の条件に関する質問に対しては「応募グループ内における地元企業の数により加点することを想定しているが、一定の上限は設ける必要があると考えている。下請け業者に地元企業を活用する場合は、評価対象とする予定だが、その方法については現在検討中」と回答。

 他の構成企業とのネットワークが少ないため、SPC(特別目的会社)を作るためのマッチングの機会を設けてほしいという要望には「今後開催を予定している説明会で名簿の公表などを検討する」との見解を示した。
 市では、こうした意見を踏まえて事業内容を検討する考えで、要求水準書素案で示した内容についても修正する場合があるとしている。

(北海道建設新聞2020年11月18日付9面より)

直近のおもな関連記事

e-kensinプラスに入会されている方は、下記リンクより関連記事を閲覧いただけます。

苫小牧市が2校の旧施設解体/11月にも東中を公告(2020年10月8日)

PFI導入の苫小牧市民ホール/要求水準書素案まとまる(2020年10月2日)

苫小牧市が総合体育館を移転改築へ/PFI導入も視野に検討(2020年3月19日)

苫小牧市が市民ホールアドバイザリー業務の優先交渉権者を決定(2020年3月19日)

※関連記事の閲覧には事前にe-kensinプラスへのログインが必要です。

有料会員向けサービス「e-kensinプラス」のご案内

「e-kensinプラス」「記事検索」では、仮称・苫小牧市民ホール整備に関する過去のニュースを遡って閲覧することができます。

また、「e-kensinマップ」では、建設予定地周辺の不動産・土地などの情報を、地図上でワンストップでご覧いただけます。

「e-kensinプラス」への入会についてはこちらのページをご覧下さい


関連キーワード: 文化施設 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 東宏

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.3k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.8k)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線...
2020年06月16日 (1.6k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.5k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 空き家で拓く未来

空き家で拓く未来
道内の空き家を巡る状況が変化している。少子高齢化で今後も増える空き家をどう扱うか。未来への手掛かりを探った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第195回は「オフィスでの感染対策」。マウスやキーボードの消毒や、室内の換気をこまめに行いましょう。