幕別帯広芽室線 仮称みずほ大橋新設に21年度着工

2020年11月20日 10時00分

 帯広建管は2021年度、幕別帯広芽室線道路改築で新設する仮称みずほ大橋の着工を目指している。橋長150m、幅員は車道8・5m、片側歩道2・5mで、上部は2径間鋼橋、下部は杭基礎の逆T式橋台2基、直接基礎の壁式橋脚1基を想定。橋梁の事業費には11億円を試算する。

 同線は幕別町から帯広市、芽室町を通る23㌔の幹線道路。整備により国道38号の渋滞緩和や十勝東部地域へのアクセス強化が期待される。また他の道道などと合わせて帯広、幕別、音更、芽室の1市3町を結ぶ形になり、完成すれば帯広圏都市交通マスタープランでの環状道路が整う。

 15年度に事業着手。未整備区間2・7㌔で、2車線道路の整備と途別川に架かる橋梁の新設を計画する。19年度から暫定土工に入り、20年度は用地補償と並行して盛り土や排水などを進めている。

 道路工は幕別町の千住から札内みずほ町までの2・55㌔で進める。途別川に沿って片側3・25mの2車線、路肩各1・25m、片側歩道2・5mを整備。幕別町の札内東工業団地付近で整備済みの区間と接続する。

 事業完了は25年度を予定。総事業費は34億7100万円で、21年度以降の残事業費に28億円を見込んでいる。

(北海道建設新聞2020年11月19日付7面より)


関連キーワード: 十勝 橋梁 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 東宏

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.3k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.8k)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線...
2020年06月16日 (1.6k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.5k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 空き家で拓く未来

空き家で拓く未来
道内の空き家を巡る状況が変化している。少子高齢化で今後も増える空き家をどう扱うか。未来への手掛かりを探った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第195回は「オフィスでの感染対策」。マウスやキーボードの消毒や、室内の換気をこまめに行いましょう。