HBC跡地の複合ビル 2棟構成で延べ6万㎡

2021年02月01日 07時00分

 エヌ・ティ・ティ都市開発(東京都千代田区外神田4丁目14の1、辻上広志社長)が北海道放送(HBC)旧社屋跡地で計画する複合ビル開発の概要が判明した。26階建て北棟と7階建て南棟の2棟構成で、延べ約6万m²の規模。秋ごろの着工を目指し、久米設計が設計を進めている。

 北棟は地下2地上26階塔屋1階、最高高さ約117m。地下1から地上2階に店舗、地上1・2階に共用広場を設ける。1階は災害時に一時滞在できるアトリウムを予定。3-16階はオフィスで、17-26階はホテルとする。17階はホテルのラウンジや一般客も利用できるレストラン、19-26階が客室だ。

 南棟は7階建てでオフィス中心のビルとし、地下を北1条通地下歩行空間と接続する。このほか、敷地中央に立体駐車場も設置する見通し。

 HBC旧社屋は札幌市中央区北1条西5丁目2に位置し、熊谷組が解体中だ。一定の条件を満たした場合に容積率の最高限度を1200%に引き上げる地区計画が決定している。

(北海道建設新聞2021年01月29日付2面より)

再開発マップへ


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (1,828)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,292)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,127)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,098)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,001)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。