若松スキー場Aコースに人工降雪設備設置へ 北見工大

2021年02月24日 15時00分

 北見市内の若松市民スキー場Aコース(延長1080m)を研究利用している北見工大は、国の交付金を活用し、コース内にタワー型などの人工降雪設備を設置する考えだ。同大が取り組むトップアスリートの用具開発やスキル解析といった研究のさらなる推進に向け、ゲレンデ環境を早期にかつ安定的に整備するのが狙い。2021年度シーズンオープン時から供用を始める見込み。

 16日の市議会総務教育常任委員会で市社会教育部の担当者が報告した。市民利用や合宿誘致など冬季スポーツ振興にとって有効な取り組みだと認識し、同大の設置要請に対してゲレンデ使用を許可するとした。

 同大冬季スポーツ科学研究推進センターは、北見市冬季スポーツ科学コンソーシアム構想の実現に向け、19年からAコースを活用し、アルペンスキー選手の競技力向上や生涯スポーツの発展・定着、地域社会の活性化などを目指し研究に取り組んでいる。

 研究期間は24年3月までを予定。同大はこれまでにゲレンデを夜間、研究活用するため、ナイター照明設備を設置した。今回は良質な雪を大量に造ることが可能なタワー型5台、移動型3台の人工降雪設備をAコースの急・緩斜面に整備する計画だ。設備導入や維持管理経費は同大が負担する。

 また、人工降雪設備の導入により例年1月10日前後のスキー場供用時期が12月中旬ごろに早まることが期待されていて、市は合宿チームの誘致などといった経済波及効果につながると展望している。

(北海道建設新聞2021年2月18日付9面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,118)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,090)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,369)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,674)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。