日鉄防食のTP工法が室蘭港崎守埠頭6号岸壁で採用

2021年04月06日 15時00分

 日鉄防食(本社・東京)のチタンカバー・ペトロラタム被覆(TP)工法を採用した室蘭市発注の室蘭港崎守地区崎守埠頭6号岸壁防食工事が完了した。岸壁の上部を支える鋼管杭をペトロラタム系防食剤で被覆し、チタンの保護カバーで固定して防食する工法で、優れた耐久性を持つ。室蘭港の公共埠頭では初採用。市は「有用性が確認できれば今後も採用し、室蘭港の施設長寿命化に生かしたい」と話している。

TP工法による防食(室蘭市提供)

 崎守埠頭6号岸壁は、ガントリークレーンを有するコンテナヤードとして延長330m、水深14mを1996年度に整備。現在はコンテナ船のコンテナや鋼材の荷役に使われている。

 岸壁は根入れ式鋼矢板セル構造で、全体で96本の鋼管杭を設置しているが、老朽化や海水による腐食が進み、うち2本について2016年度の点検診断で対策を講じる必要があると判断。工事は木島建設が担当し、20年11月に始まり、3月19日に完了した。

 ペトロラタム系防食剤による鋼管杭の被覆では、一般的にFRP製の保護カバーなどが用いられるが、TP工法では保護カバーにチタンを使う。チタンは海洋環境ではほとんど腐食せず、波浪や漂流物による耐衝撃性も高い利点がある。

 耐久性は50年程度に伸び、マイクロプラスチックの懸念がないなど環境面でも優れている。初期建設費用はFRP製保護カバーを使った工法と変わらないという。

 道内の公共埠頭では、室蘭開建発注の苫小牧港西港区北埠頭マイナス7・5m岸壁改良(五洋建設)や釧路開建発注の釧路港マイナス14m岸壁A部本体(岩倉建設・渡辺建設工業共同体)などで施工実績がある。

 室蘭港では日本製鉄室蘭製鉄所構内、原料ヤード桟橋となる18、19バースの鋼管杭、19バース先端の綱取りドルフィン鋼管杭にそれぞれ施工している。

(北海道建設新聞2021年4月5日付3面より)


関連キーワード: 港湾 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.2k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.4k)
道が4月1日付人事異動を発令 本庁係長級以上で29...
2020年04月01日 (1.3k)
100Nの高強度コンクリ 北8西1再開発で道内初打...
2021年03月30日 (1.1k)
新幹線・新小樽駅の駅前広場計画案...
2021年03月25日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第205回は「ドライアイ」。画面の注視や室内の乾燥が原因に。まばたきを意識して防ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第7回「インテリアコーディネーター心得」黒子に徹し、住まいの主役であるお客様に寄り添います。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第6回「経営における判断の遅さ」わからないことは専門家や第三者に相談し、迅速な判断を目指しましょう。