栄養学から塗装の道へ 伊藤塗工部工事部の坂本英未さん

2021年04月09日 15時00分

札幌塗装技術学院で8年ぶりの優良訓練生知事賞を受賞

 伊藤塗工部(本社・札幌)の坂本英未さん(24)が、6日の札幌塗装技術学院第61回修了式で優良訓練生知事賞に輝いた。受賞は同学院として8年ぶり。大学では栄養学を学んだが、畑違いの建設業界へと飛び込んだ。今後は学んだ技術と知識を糧に、塗装職人としての歩みを進める。

優良訓練生知事賞の表彰状を手にする坂本さん

 新ひだか町出身で中学まで地元で過ごした後、札幌市内の高校に入学。その後進んだ天使大では看護栄養学部栄養学科を専攻した。卒業後に管理栄養士の資格を取ったが、将来の仕事と考えると疑問が浮かび、別の道を歩むことを決意。参加した合同企業説明会で、今の会社と出会った。

 「体を動かすことが好きで、技術を身に付けられる仕事が楽しそうと考えた。他にも建設会社はあったが営業職の募集で、この会社だけが職人として現場に出られることから興味を持った」と振り返る。

 2019年10月に入社し、工事部に配属。20年4月には職業訓練校の札幌塗装技術学院に入校した。コロナ禍で訓練にも若干の影響はあったが、仲間と協力して楽しみながら学校生活を過ごし、塗装の基礎や応用などを学んだ。

 今回受賞した優良訓練生知事賞は、出席率や試験成績で最も高い基準をクリアすることが求められる。「技能照査試験前に受賞の可能性があると言われていたため、決まった時は期待に応えることができてホッとした」と打ち明ける。

 技能士補となり、これからは本格的に塗装職人として現場に立つ日々を迎える。「直近では技能検定2級の合格。そして早く会社の戦力といえる職人となり、新人の指導もできるようになれれば」と目標を掲げる。

(北海道建設新聞2021年4月8日付3面より)


関連キーワード: 人材育成 塗装 技能

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,206)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,101)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,739)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,513)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,502)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。