高含水率の汚泥に特化 大伸が南幌町にリサイクルセンター

2021年05月12日 16時00分

建設現場の処理需要 幅広く対応

 大伸(本社・札幌)は、南幌町に無機性汚泥のリサイクルセンターを開設した。杭工事や推進工事で発生する建設汚泥を受け入れ、凝集剤を添加しながら成分を改善後、脱水処理して再生土にする。再生土は発注機関やゼネコンに販売し、埋め戻し材、路床など土木資材として使ってもらう。高含水率の汚泥に特化したリサイクルセンターで、同社としては札幌市厚別区の山本、北広島市大曲に次ぐ3カ所目。太田直孝社長は「低含水率から高含水率の汚泥まで、効率よく処理できる体制が整った」と話している。

新設した南幌リサイクルセンター

 産業廃棄物の中間処理・保管施設として、南幌工業団地で4月に開設。調整槽や反応槽、脱水機などを納める建屋のほか、天日乾燥用の施設を備える。

 既存の大曲リサイクルセンターは泥土と呼ばれる低含水率の建設汚泥を処理し、山本リサイクルセンターは高含水率の建設汚泥を扱う。高含水率の建設汚泥は処理に手間と時間がかかるため、含水率85%以上の建設汚泥を受け入れる南幌リサイクルセンターを新設することで、建設現場の処理需要に幅広く対応できるようにした。

 1日当たり29・2m³の建設汚泥を脱水処理できる。乾燥施設は2槽あり、合計47・8m³を受け入れ可能だ。高含水率に特化した施設のため、処理物は土よりも水が多く、再生土の生産割合は含水率85%の汚泥で約20%、含水率95%の汚泥は約9%になるという。

1日で29.2m³の建設汚泥を脱水処理できる

 センターでは、現場から吸引車で運んできた建設汚泥を調整槽に下ろし、性状やPH、比重などを確認する。その後、凝集剤を添加して反応槽へ移し、簡易脱水装置で含水率60―70%まで改善する。脱水処理した汚泥はダンプで乾燥施設に移動し、天日干しして再生土に生まれ変わらせる。

 同社は2000年ころから無機性汚泥のリサイクルに取り組み、低含水から高含水まで、さまざまな建設汚泥の知識と経験を持つ。現場発の収集・運搬から再生土の販売に至るまで、事業の流れを全て抑え、ワンストップで対応できるのが強みだ。

 太田社長は「低含水率から高含水率までユーザーの選択肢を広げることで、現場の困りごとに幅広く対応したい」と話している。

(北海道建設新聞2021年5月11日付3面より)


関連キーワード: リサイクル 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,164)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,132)
大手ゼネコン4社21年3月期決算 全社減収減益...
2021年05月19日 (1,492)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1,198)
全社減収も鹿島は増益 大手ゼネコン4社の21年3月...
2021年02月17日 (1,049)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 分譲マンション
老朽化の行方
new

札幌市内に建設された分譲マンションが続々と老朽化している。住まいの行く末はどうあるべきか。再生への道を探る。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。