4月の道内新設住宅着工戸数 17.6%増の3468戸

2021年06月02日 12時00分

月間3000戸超は20年8月以来

 国土交通省は5月31日、2021年4月の新設住宅着工戸数を発表した。道内は前年同月比17.6%増の3468戸で、2カ月連続の増加となった。月間着工戸数が3000戸を超えるのは20年8月以来。利用関係別は全て増加していて、分譲住宅はマンションが大きく伸び約5割増えている。一方、全国は持ち家と貸家の伸びに支えられて、7.1%増の7万4521戸と2カ月連続で増えた。

 道内の内訳は、持ち家が20.2%増の1135戸、貸家が9.8%増の1809戸、給与住宅が11.5%増の29戸、分譲住宅が49.1%増の495戸。持ち家は5カ月ぶりに1000戸台に乗せ、分譲住宅のうちマンションは2・8倍の219戸だった。

 1月からの累計は前年同期比11.5%増の9233戸となる。持ち家が5.7%増の3111戸、貸家が5.3%増の4399戸、給与住宅が87.9%増の62戸、分譲住宅が47%増の1661戸と、いずれも好調だ。

 全国の新設住宅着工戸数は、20年春の1度目の緊急事態宣言による反動増などで全体として堅調に推移。利用関係別の着工戸数は、持ち家が8.8%増の2万2877戸、貸家が13.6%増の2万8825戸、分譲住宅が0.3%減の2万2483戸だった。分譲住宅のうちマンションは0.5%増の1万776戸となっている。

 地域別では、首都圏が3.3%減の2万4473戸、中部圏が1.6%増の9124戸、近畿圏が31.4%増の1万3182戸、その他地域が9.9%増の2万7742戸だった。

(北海道建設新聞2021年6月1日付1面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,692)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,999)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,497)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,437)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,243)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。