むかわ町とジャパンケーブルキャストが連携協定締結

2021年06月10日 15時00分

防災・ICT利活用見据え

 むかわ町は7日、ケーブルテレビ事業者へ映像、データなどを配信するジャパンケーブルキャスト(本社・東京、藤原洋代表取締役会長兼社長CEO)と包括連携協定を締結した。防災・ICT利活用や観光推進に共同で取り組む。同社が自治体とこうした協定を結ぶのは初めて。

オンラインで協定書に署名した樋山取締役(左)と竹中町長

 同社は2020年12月、町と地域情報告知端末等整備を5年間の契約で受注。町穂別地区で防災・行政情報の発信や情報共有を支援する「IP告知端末システム」、スマートデバイス向けの地域防災情報アプリ「JC―Smart」の導入による情報提供システムの整備を手掛けていて、7月末の運用開始を見込んでいる。

 町は同社の技術を利用し、デマンドバスや買い物支援など高齢者でも使いやすいシステム開発を共同で推進。番組制作サービスを情報発信や観光事業促進などにも活用したいと考え、協定を結ぶことにした。

 オンラインによる協定式には町から竹中喜之町長ら、同社からは藤原社長の代理として樋山洋介取締役らが出席した。

 竹中町長は「協定への理解と協力に感謝している。専門的な支援により、さらに広範囲へのICT活用につなげたい」と期待した。

 樋山取締役は「私たちの技術を応用し、地域住民の生活がより便利になるよう協力したい」と強調。「自動運転ソリューションやIoTサービスも提供し、地域の皆さんの要望を実現できれば」と抱負を述べた。

 同社は、喜茂別町、島牧村など道内の他地域でもIP告知端末システムなどの導入・提供を進める予定。樋山取締役は「自治体のニーズに応え、協定を他自治体への展開のモデルケースにしたい」と話している。(苫小牧)

(北海道建設新聞2021年6月9日付11面より)


関連キーワード: ICT 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,164)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,132)
大手ゼネコン4社21年3月期決算 全社減収減益...
2021年05月19日 (1,492)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1,198)
全社減収も鹿島は増益 大手ゼネコン4社の21年3月...
2021年02月17日 (1,049)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 分譲マンション
老朽化の行方
new

札幌市内に建設された分譲マンションが続々と老朽化している。住まいの行く末はどうあるべきか。再生への道を探る。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。