ウポポイが開業1年迎える アイヌ文化への理解促進に力

2021年07月22日 10時00分

セレモニーに加藤官房長官ら

 民族共生象徴空間(ウポポイ)が開業1年を迎え、17日に記念セレモニーが開かれた。加藤勝信内閣官房長官や鈴木直道知事らが参加し、1周年を祝うとともにアイヌ民族の文化の理解促進へ一層取り組むことを誓った。

関係者らが集まり開業1周年を祝った

 ウポポイは、新型コロナウイルス感染症拡大を受け、当初の予定より遅れ、昨年7月12日に開業した。

 アイヌ民族文化財団の常本照樹理事長は「この1年で25万人を超える人に来場いただいた。コロナで制約のある中でも多様で豊かなアイヌ文化に触れてもらったが、文化の伝承、創造発展には成果が出せていない。新たな文化の創造発展の拠点としてさらに力をそそぎたい」とあいさつした。

 加藤官房長官は「アイヌの歴史、文化に関する国民の理解を一層促進することが重要。アイヌ文化の復興、創造の拠点であるウポポイの果たす役割は大きい」と強調。「一人でも多くの人がウポポイを訪れ、文化体験や民族共生の理念に共感してもらえるよう、コンテンツの充実、PRに取り組みたい」と表明した。

 鈴木知事は「アイヌ文化の振興や、北海道の観光振興の面からもウポポイは重要。ウポポイをはじめとする関連施設を魅力的なものにして伝えたい」と述べた。

 ウポポイPRアンバサダーを務める俳優の宇梶剛士さんは、母親がアイヌでアイヌ復権に向けて精力的に活動していた思い出などを振り返り、「ウポポイが文化の集まれる場所になるように、自分もできることをやりたい」と話した。

 このあと、アイヌの伝統芸能「シノッ」が披露され、参加者全員で祝った。

(北海道建設新聞2021年7月20日付11面より)


関連キーワード: アイヌ文化 文化施設 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,688)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,951)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,487)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,424)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,241)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。