「雪氷桜」地下歩行空間を彩る 五輪マラソンごろ満開

2021年08月05日 15時00分

チカホに設置され、咲き始めた「雪氷桜」のオブジェ

 札幌市スポーツ局は、東京2020オリンピック競技大会のマラソン・競歩競技札幌開催に向け、雪蔵で冷蔵保存・開花させた「雪氷桜」のオブジェを札幌駅前通地下歩行空間(チカホ)憩いの広場に設置した。桜はマラソン競技が開催される7、8日に満開となる見込みで、咲き始めた桜が広場を彩っている。

 北海道雪氷桜プロジェクト実行委員会が協力した。2020大会の観戦客へのおもてなし、北海道、札幌市の魅力を発信する目的で、全道32市町村から集まったつぼみの枝約2000本を飾っている。北海道神宮からも枝の提供があった。

 1―2月に道内各地から集まったエゾヤマザクラとソメイヨシノ、ヤエザクラの剪定枝を沼田町の雪で貯蔵。7月24日に沼田町の雪山センターから掘り起こし、札幌市内で段階的に温め開花させた。

 設置期間は8日まで。実行委の越智文雄委員長は「花が咲くのを市民にも楽しんでほしい」と話している。

(北海道建設新聞2021年8月4日付12面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 五輪

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,992)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,074)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,642)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,435)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,296)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。