「雪氷桜」地下歩行空間を彩る 五輪マラソンごろ満開

2021年08月05日 15時00分

チカホに設置され、咲き始めた「雪氷桜」のオブジェ

 札幌市スポーツ局は、東京2020オリンピック競技大会のマラソン・競歩競技札幌開催に向け、雪蔵で冷蔵保存・開花させた「雪氷桜」のオブジェを札幌駅前通地下歩行空間(チカホ)憩いの広場に設置した。桜はマラソン競技が開催される7、8日に満開となる見込みで、咲き始めた桜が広場を彩っている。

 北海道雪氷桜プロジェクト実行委員会が協力した。2020大会の観戦客へのおもてなし、北海道、札幌市の魅力を発信する目的で、全道32市町村から集まったつぼみの枝約2000本を飾っている。北海道神宮からも枝の提供があった。

 1―2月に道内各地から集まったエゾヤマザクラとソメイヨシノ、ヤエザクラの剪定枝を沼田町の雪で貯蔵。7月24日に沼田町の雪山センターから掘り起こし、札幌市内で段階的に温め開花させた。

 設置期間は8日まで。実行委の越智文雄委員長は「花が咲くのを市民にも楽しんでほしい」と話している。

(北海道建設新聞2021年8月4日付12面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 五輪

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,119)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,092)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,371)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,677)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,520)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。