もみ殻を燃料棒に 蘭越町が地域産物活用で脱炭素

2021年10月09日 10時00分

道の駅や幽泉閣で販売 燃焼時間はまきの2倍以上

 地域産物生かし、カーボンニュートラルを―。蘭越町は1日、町内で生産した米のもみ殻を再利用する「もみ殻燃料棒」の販売を開始した。道の駅や公共温泉施設「幽泉閣」で購入可能。再生可能バイオマスエネルギーへの有効活用事業として、継続展開する考えだ。

専用の機械で製造される燃料棒。
地域特性を生かした取り組みに期待がかかる

 主要産業の水稲生産では、年間約2000tのもみ殻が生じる。町は2019年度、廃棄処分となるもみ殻の有効利用に向け、再エネ実証プロジェクトに着手。専用の圧縮成形機で粉状のもみ殻を10分の1に圧縮し、1本当たり直径5・5cm、長さ40cm、1㎏の燃料棒を製造した。20年10月には試供品を町民60人に配布し、使用感などへの評価や意見を踏まえて販売開始に至った。

 燃料棒は、1㎏当たりの発熱量がまきと同等の約3800㎉だが、燃焼時間が2倍以上で、家庭やビニールハウスの暖房燃料として利用可能。燃焼灰は融雪剤や土壌改良材になるほか、形質を変えず10年間保存できるため、災害用備蓄燃料としての用途も見込める。

 道の駅「らんこし・ふるさとの丘」と「シェルプラザ・港」、幽泉閣で販売している。価格は5㎏袋が税込み440円、10㎏袋が同660円。大口購入用の30㎏袋は事前連絡の上、役場庁舎で購入する。

 総務課まちづくり推進係によると、21年度は36tを製造する予定。うち8割程度は冬期間の葉物野菜や薬用植物の暖房用とし、残る8tを一般向けに販売する考えだ。担当者は「自治体の取り組みでは道内初と聞いている。販売状況などを踏まえ、継続できれば」と期待を寄せる。

 問い合わせは同係、電話0136(55)6836まで。(小樽)

(北海道建設新聞2021年10月4日付9面より)


関連キーワード: エネルギー 後志 道の駅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,187)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,279)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,756)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,656)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,505)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子
いつもの暮らし便 new

本間純子 いつもの暮らし便
第23回「夏の音」。虫の声は日本語が母語の人だけの音楽会。聞きたい放題、無料です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。