平取ダム試験たん水開始 22年度供用見込む

2021年11月27日 10時00分

ゲート閉塞ボタンを押し、たん水を開始した

 室蘭開建沙流川ダム建設事業所は24日、平取ダムの試験たん水を開始した。洪水で予想される最高水位までため、安全性を確認する。関係自治体の平取、日高の両町長や篠宮章浩室蘭開建部長らがたん水のためのゲート閉塞(へいそく)ボタンを押した。たん水は年内に終える見通しで、順調にいけば2022年度の供用開始を見込む。

 平取ダムは洪水調節、流水機能の維持、水道用水供給、発電を目的とする沙流川総合開発事業の一環として建設。1973年に実施計画調査が始まり、86年9月には沙流川をせき止める二風谷ダム本体に着工した。

 平取ダムは堤高55m、総貯水容量4580万m³の重力式コンクリートダム。沙流川に注ぐ宿主別川と額平川をせき止める。堤体コンクリートの打設は、西松建設・岩田地崎建設・岩倉建設共同体が15年度から進めた。総事業費は約670億円。

 たん水式で、遠藤桂一平取町長と大鷹千秋日高町長が約半世紀にわたるプロジェクトの節目を祝った。大鷹町長は「沙流川の水害は常に頭にある。治水能力が向上することを期待する。周囲の景観が良く、観光名所になるのでは」と話した。

 ゲート閉塞では両町長と篠宮部長のほか、ほくでんエコエナジー新ひだか管理所の馬場弘規所長、西松建設の菅原秀明札幌支店長がボタンを押した。(苫小牧)

(北海道建設新聞2021年11月26日付9面より)


関連キーワード: ダム 日高

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,187)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,279)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,756)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,656)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,505)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子
いつもの暮らし便 new

本間純子 いつもの暮らし便
第23回「夏の音」。虫の声は日本語が母語の人だけの音楽会。聞きたい放題、無料です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。