新設ホームは幅員6m 地下鉄さっぽろ駅真駒内方面

2021年11月30日 11時00分

改札は1カ所設置

 札幌市は市営地下鉄南北線さっぽろ駅真駒内方面のホーム増設について、新設するホームの幅員を6mとし、地下2階のホームと北4西3街区の再開発ビルをつなぐコンコースに改札を1カ所新設する計画だ。地下1階はコンコースを拡幅し、換気機械室を新たに設ける予定で、こちらも再開発ビルと接続する。壁の撤去などを2022年度から進め、23年度から本体工に入る見通しだ。

 同駅は乗降人員が1日平均5万7000人(17年度)と市営地下鉄で最大だが、島式ホームのため混雑が常態化している。30年度の北海道新幹線札幌開業や周辺再開発、冬季五輪・パラリンピック招致により駅利用者のさらなる増加が見込まれることから、ホームを増設して相対式ホームに改良することを計画している。

 市まちづくり政策局は、12日の都市計画審議会で北4西3地区市街地再開発事業に関連する同駅のホーム増設計画の概要を説明。延長約120mとしていた真駒内方面専用ホームの幅員を約6mとする方針を示した。

 再開発ビルと連絡するため、地下2階のコンコースと増設ホームとの間に改札を1カ所新設する予定。増設ホームの北・南側に階段とエスカレーターを設けるほか、現行ホームにも北側階段と平行してエスカレーターを設置し、バリアフリー化とJR方面へのアクセス性向上を図る。

 地下1階はコンコースにエスカレーターを新設するほか、ホーム増設に合わせて通路幅を拡幅し、既存の駅事務室を移設。換気機械室の新設も見込む。

 市交通局は総事業費を110億円、工事費を106億円とみている。22年度は地下埋設物の処理を含む土木工事、現行ホーム東側の壁解体に取り組み、23年度の本体着工を目指す。

(北海道建設新聞2021年11月29日付12面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 再開発 地下鉄

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 東宏
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,269)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,357)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,167)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,141)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,608)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。