建設業の魅力、積極的発信を 全国建設青年会議パネル討論

2021年12月09日 15時00分

 3日に開催した第26回全国建設青年会議では、「今改めて考える、建設業の魅力とは」をテーマにパネルディスカッションを開催し、担い手確保や情報発信について有識者が意見を交えた。

1時間にわたって建設業の在り方を議論した

 パネリストは大石久和氏(全日本建設技術協会会長)、新井恭子氏(建設ディレクター協会理事長)、萩原一宏氏(北海道建青会会長)の3人。

 コーディネーターは荒木正芳氏(荒木コンサルティングオフィス代表)が務めた。

■人材確保の突破口

 荒木 担い手不足は全国的課題。若者だけでなく、指導するベテラン、第一線で働く技能者も足りない。この状況をどう打開すべきか。

 萩原 帯広二建会が実施した高校生への調査では、建設業そのものに対する理解不足を感じた。1社ではなく、地域や業界と盛り上げ、若者に建設業と地元で働く魅力を伝える意識が必要かと。

 新井 全国の工高の先生に聞くと企業と同じ悩みを持っている。それはいかに建設に興味を持って学校に入ってもらうか。学校と企業の連携できる場がもっとあれば良いと思う。

 大石 土木も今やデジタルや3次元といわれ、われわれも世界の一部なんだと感じられる時代が来た。そんな魅力を伝えられたら打開できるのではないか。

 新井 建設業には多様な人が働ける場所がある。コロナ禍で、働いていたホテルを辞め建設業に入った人に聞くと、地元の自然災害で建設業の重要性に気付き「次に働くならここだ」と思ったそうだ。人によっていろいろな切り口がある。

■災害対応PR必要

 荒木 災害対応は建設業の欠かせない仕事だが、このやりがいをどう伝えるべきか。

 大石 災害があるとメディアでは自衛隊が活躍しているように見えるが、実際に土を一番動かしているのは地元の建設業者。その存在があるから復旧や救急もできることを社会にPRすべきだ。

 萩原 地域経済や生活を守ることに技術者はやりがいを感じているが、もっと感じてほしい。感謝される仕事だし、その感謝を建設業で働く人に伝わる仕組みがあればと思う。あとは多様な人材が働ける点も魅力。新井さんが挙げたような事例を広める活動も必要だ。

 荒木 災復など建設業の作業が国民の目に届かないもどかしさはある。情報発信の方法はどうあるべきか。

 大石 今はユーチューブなど自分で発信できるツールが発達している。取り上げられないと嘆くのではなく、自ら発信することが大事だ。

 萩原 われわれは地域に根差した建設会社。SNSに取り組みながら、地元の学校に足を運ぶ機会も必要となる。

 新井 工高の先生からリモート現場見学会をしてほしいという声がある。建設業の魅力を伝える上で重要なイベントだが、今はコロナ禍で難しい。3年前に全国数カ所をリモートでつないだ見学会は時間を延長するほど盛況だった。遠隔臨場の現場で実現できたらと思う。また映像なら、親や一般人に建設業を知ってもらう機会につながる。

■建設業の在り方は

 荒木 今の若者は地元志向が強い。転勤がリスクになる中で地域の建設業は良い受け皿となる。最後に建設業の目指すべき方向性を聞きたい。
 萩原 世の中は楽しい仕事を選びたい人が増えている。地域の生活や経済を守る先に建設業の楽しさがある。そこに焦点を当て、若い人に伝えていきたい。

 新井 女性に人気の高い仕事は医療事務。病院は全国にあり、夫が転勤しても再就職しやすいからだ。建設業にもバックオフィスで働ける場所があると知ったら、多くの人が来るのではないか。

 大石 ヒューマン(人)の語源はラテン語で土という意味。ヒューマニズムは土主義であり、土木の意義はこれに尽きる。それをどこかで感じてくれたらと思う。

(北海道建設新聞2021年12月8日付4面より)


関連キーワード: 人材確保 人材育成 団体

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,355)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,251)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (2,707)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,501)
帯広中心部の空洞化懸念 藤丸百貨店閉店に危機感
2022年11月11日 (1,958)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。