ガントリークレーン4号機が初荷役 苫小牧港管理組合

2022年01月13日 15時00分

 効率的な荷役作業を―。苫小牧港管理組合が2020年度から整備を進めてきたガントリークレーン4号機がこのほど、初荷役をした。井本商運(本社・神戸)が保有する船舶「ながら」にコンテナを積み卸しした。

船舶にコンテナを運ぶ4号機
(苫小牧港管理組合提供)

 新クレーンは、ロープトロリ式橋形クレーンで13列オンデッキ5段積みコンテナ船対応。港湾荷役機械システム協会が設計した。

 製作設置は20年3月にJFEエンジニアリング(本社・東京)が8億9700万円で落札。同4月8日に契約した。総事業費は約10億6800万円。

 21年10月末に、製作を終えた機械を三重県津松阪港から東港区中央ふ頭まで船で搬入。12月16日に完成した。同21日の初荷役で、横浜港と苫小牧港間を往復する国際フィーダー航路で寄港した船舶からコンテナ104個を陸揚げし、86個を積んだ。

 4号機の導入で荷役作業を効率化するほか、1―3号機の運用に余裕が生まれ、クレーンの定期点検の調整がしやすくなる。今後、円滑で安全な荷役作業への貢献が期待される。(苫小牧)

(北海道建設新聞2022年1月12日付9面より)


関連キーワード: 港湾 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • web企画
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,269)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,362)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,167)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,144)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,608)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。