名寄市が22年度に除排雪管理システム実証実験へ

2022年02月16日 17時15分

GPSで位置情報データ化

 名寄市は2022年度から、市道で除排雪管理システムの実証実験を始める。各除雪車両にGPSを搭載し、位置情報や移動距離などをデータ化することで、オペレーターと発注者の作業効率化に取り組む考えだ。

 システムの導入により、車両に残るデータから日報や月報を出力することが可能になる。業者は書類作成の簡素化が図れる上、受発注者ともに手作業による書類の内容確認に関する誤りを防げるため実験の開始を決めた。市民への除雪に関わる情報提供にも使用する考え。人手不足の課題を抱える除雪作業の効率化と、市民サービスの向上に役立てる。

 市では22年度当初予算に、実証実験に関わる費用として222万8000円を計上。22年度にシステム構築に関わる業務を担う事業者を選定する。システムの構築後、降雪期から実証実験を始める。23年度から実験の結果を踏まえて本格運用していく計画だ。(旭川)


関連キーワード: ICT 除排雪・雪対策

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,065)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,234)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,191)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,714)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,316)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。