4種ライト公認規格に整備 厚真中陸上グラウンド

2022年03月18日 16時40分

本体や電気設備、分割発注へ

 厚真町は2022年度、厚真中陸上グラウンドを整備する。日本陸上競技連盟の4種ライトの公認規格とする予定だ。時期は未定だが、本体と電気設備、用器具庫に分けて発注。6―11月の施工を見込んでいる。

 町内では近年、指導者の増加などを背景に陸上競技の投てき種目が盛んになっている。そうした児童・生徒へ対応するため競技環境を整え、町独自のスポーツ振興に取り組む考えだ。

 1周300mの曲走路、114mの直走路、走り幅跳び、走り高跳びの跳躍場、投てき場を整備する。4種ライト公認を受けることで競技会や記録会が開催できるようになる。実施設計は日本工房が担当した。

 22年度予算に2億4000万円を計上。本体整備に約1億5000万円、照明や電気設備に約2000万円、用器具庫建設に約2500万円、備品購入に約5000万円を充てた。


関連キーワード: スポーツ スポーツ施設 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,569)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,741)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,325)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,216)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,123)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 宇宙への道
大樹から広がる近未来

宇宙への道 大樹から広がる近未来
LC1射場着工で開かれ始めた宇宙への道。これまでの歩みを振り返りつつ、新時代への課題を探る。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。