市民ホールの整備運営優先交渉権者決まる 苫小牧市

2022年03月25日 17時25分

 苫小牧市は25日、公募型プロポーザルで事業者を募集していた仮称・市民ホール整備運営について、鹿島のグループを優先交渉権者に決定したと発表した。6月の市議会での承認を経て事業に着手する。

 構成企業は鹿島、岩倉建設、シアターワークショップ、盛興建設、東洋実業、菱中建設、ヒビノスペーステック、隈研吾建築都市設計事務所、久米設計、景観緑化、ジャクエツ、倉英興業。

 市は既存の市民会館に文化会館などを統合し、旭町3丁目5の1に新たな市民ホールを建設する。市としては初めてPFI方式を用いる。

 事業者は設計、施工から管理・運営までを担う。供用開始は2026年3月で、46年3月末までを維持管理・運営期間と設定している。

 提案したのは2つのグループだった。市は評価内容などをまとめた審査講評を4月下旬に公表する予定だ。


関連キーワード: 文化ホール 文化施設 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,465)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,102)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,536)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,296)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,078)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 宇宙への道
大樹から広がる近未来

宇宙への道 大樹から広がる近未来
LC1射場着工で開かれ始めた宇宙への道。これまでの歩みを振り返りつつ、新時代への課題を探る。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。