21年度道内の生コン出荷は2.8%減、332万m³

2022年04月20日 08時00分

道工組まとめ

 北海道生コンクリート工業組合のまとめによると、2021年度の道内生コン出荷量は332万217m³で前年度から2.8%減少した。組合が想定していた過去2番目の低水準323万m³から上振れした格好。小樽や富良野、留萌などは増えたが、千歳や苫小牧、旭川といった地域は前年度にあった特需の反動で減少した。札幌は95万8067m³で3.1%ダウンした。

 道内出荷量のうち官需は140万4306m³で2.5%減、民需は191万5911m³で3.1%減った。総量は北渡島(八雲や長万部)、小樽、後志、岩宇(共和や岩内)、西胆振(伊達や洞爺湖)、日高、空知、北根室(標津や羅臼)、十勝、南十勝(大樹や広尾)、富良野、上川北部(名寄や士別)、留萌、南宗谷(枝幸や浜頓別)、宗谷の15地域が上回った。

 札幌は前年度実績から3.1%落ちた。官需は9万2824m³で14.7%減、民需は86万5243m³で1.7%減となった。上半期は大通や新さっぽろ駅周辺地区の再開発のほか、戸建てや賃貸マンションなど小口案件の積み上げが奏功した。下半期は失速し、2月は大雪が出荷に影響した。

 千歳は20万6868m³で1.4%減。北海道日本ハムファイターズの新球場向け出荷が終盤に入ったことが大きかった。苫小牧は14万1526m³で48%の大幅減。前年度はバイオマス発電所や大型倉庫・工場など民間企業の設備投資に恵まれたため、反動減が出たものとみられる。

 留萌は58.5%増の7万2821m³と大幅に伸びた。消波ブロック向けが旺盛で、羽幌や天塩は風力発電整備の出荷があった。国道239号霧立防災で進む霧立峠トンネル工事も要因となった。富良野は46.7%増の6万5485m³と大幅に伸びた。市庁舎やJAふらのタマネギ選別施設新設などが好材料に働いた。

 旭川は11万6012m³で3.2%ダウンした。千代田小改築やヘルスケアコンドミニアム新築、弁釜旭川工場移転新築など大型物件を抱えたが、前年度実績には3700m³ほど届かなかった。

 長万部がメインの北渡島は22.2%増の16万8251m³と堅調に推移した。小樽は12万7264m³で27.5%増、後志は16万6483m³で5.6%増となった。いずれも北海道新幹線札幌延伸の関連工事が下支え要因に働いた。

 道工組は22年度の出荷量について、統計を取り始めてから過去最低水準の301万7000m³と想定する。官公需は8%減の122万3000m³で、民需は6%減の179万4000m³を見込み、最大市場の札幌は5%減の97万5000m³と厳しい見通しだ。


関連キーワード: 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,212)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,200)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,550)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,530)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,503)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。