音更町が電子入札の導入検討 DX推進やコロナ対策で

2022年05月27日 16時50分

利点と費用調べ実現可否判断

 音更町は、デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進の一環で、電子入札・契約制度導入に向けた検討を始めた。2022年度はシステムに関する情報収集を中心に取り組む。コスト面と導入メリットを照らし合わせて協議するが、実現可否の判断時期は決まっていない。運用が決まった場合は、入札参加の実績がある業者などへ説明する機会を設ける予定だ。

 町は紙、郵便入札を採用している。新型コロナウイルスの感染拡大で電子入札導入の検討を開始。参加業者が来庁する手間をなくし、負担軽減を図る。22年度は町が使う事務処理システムを踏まえ、連携できる電子入札システムを洗い出すなど検討を進める。

 導入を決めた場合は、春先などの繁忙期を避けて試行期間を設定。同一年度に完全移行まで進めたい考え。

 課題について町の担当者は「一番はコスト面。町だけではなく、入札参加業者にもシステム導入による費用負担が発生してしまう」と話す。また「紙入札に慣れている業者にとって、システムへの順応は大きなハードルになる」と分析する。検討の中で、利点と費用を照らし合わせ、実現の可否を判断する姿勢だ。

 町はデジタル化による効率的な行政サービス提供に向けてDX推進方針をまとめた。計画期間は22―25年度までの4年間。電子入札制度導入やAIなどの最先端技術を活用し、生産性向上を図る。デジタル人材の確保や育成も継続して取り組む。


関連キーワード: 入札制度 十勝

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,716)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,499)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,203)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,084)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (823)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。