留萌市水産研究・畜養センター新設 建設地の有力候補

2022年06月17日 17時00分

新星マリン漁協旧事務所解体跡地に

 留萌市は、新設を計画している水産研究・畜養センターの建設地について、留萌港にある新星マリン漁業協同組合の旧事務所を解体した跡地を第1候補に考えている。新設により、産学官連携で進める研究の強化や安定したナマコの資源確保などを推進する。

 市は、2003年に新星マリン漁協と東海大との間で水産業振興に関する連携協定を締結。同大が研究や実験で得たナマコの養殖などに関する知見を共有している。10年には、はこだて未来大とも協定を結び、ICT端末を用いたナマコの漁獲量確認、漁獲可能な海域の見える化を進め、漁業者の安定した経営体制に貢献している。

 実験は、留萌市内の三泊漁港にある畜養施設(S造、平屋、延べ130m²)で取り組んでいる。建設から40年以上が経過し、外壁に穴が開いているなど老朽化が著しい。狭小なため実験に用いる水槽を十分に設置できないといった状況にもある。

 こうした課題を解決し、充実した設備環境で研究を進めるため、市は水産研究・畜養センターの新設を計画。留萌港南岸地区にある同漁協の旧事務所や荷さばき所として使用していた施設(RC造、2階、延べ480m²)の解体費用4790万円を22年度予算に計上し、解体跡地を建設地として有力視している。

 22年度は、21年度に市と同漁協、大学で協議した新施設の運営法や運営費用などについて議論を加速化させる考えだ。


関連キーワード: 水産 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,186)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,138)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,468)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,561)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,547)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。