新千歳空港での水素活用へ調査 三菱商事など6社

2022年06月22日 08時00分

再エネ由来の水素製造やインフラ設置の事業性検討

 三菱商事や北海道電力などの6社は20日、新千歳空港での水素利活用モデル構築に関する調査事業を行うと発表した。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から受託し、期間は6月から2023年3月まで。関係者からの聴取や文献調査を通じて、エネルギー需要を再生可能エネルギー由来の水素で賄うことが可能か調べる。空港や航空燃料を脱炭素化する動きが加速しそうだ。

 トラクターなど地上業務車両(GSE)の燃料需要や、旅客ターミナルビル・空港併設ホテルなどの電力需要でどの程度水素を使えるか調査する。空港現地や遠隔地での、再エネ由来電力や系統電力を活用した水素製造を検討。水素タンクや充填設備など関連インフラの設置についても事業性を検討するとみられる。

 三菱商事が全体を取りまとめる。北電は水素製造コストや脱炭素効果などのポテンシャル調査を担当。他に北海道エアポート(本社・千歳、HAP)、三菱総研、東芝エネルギーシステムズ(同・川崎、東芝ESS)、三菱商事子会社のレンタルのニッケン(同・東京)が関わる。

 6社は「将来的には航空機燃料にも水素利用の可能性がある」として、空港を起点とした道内への水素普及に期待を寄せる。実際、三菱商事は4月に持続可能な航空燃料(SAF)の事業化についてENEOSと共同検討すると発表したほか、東芝ESSは昨年からSAF製造に関する検討事業に取り組む。

 空港の脱炭素化に向けた注目は高まっている。国土交通省は今月、施設の省エネ化や再エネ導入に関する補助金を公募した。HAPは道内7空港での再エネ設備投資を進める方針だ。


関連キーワード: エネルギー 新千歳空港 空港

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,355)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,251)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (2,707)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,501)
帯広中心部の空洞化懸念 藤丸百貨店閉店に危機感
2022年11月11日 (1,958)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。