営繕工事で主要資材以外単価を引き上げ 札幌市財政局

2022年07月04日 11時00分

建築の型枠用合板類は11%

 札幌市財政局工事管理室は、営繕工事の主要資材以外単価を1日付で改定する。新型コロナウイルス感染症の長期化やウクライナ情勢の影響で建設資材価格が高騰している状況を踏まえた措置。年度途中の改定は異例だ。13日以降公告分から適用する見通しで、建築の型枠用合板類で約11%、電気のケーブル類で約10―15%、機械の鋼管類で約10―32%の上昇となる。

 同室は資材単価のうち鋼材や燃料、コンクリートなど土木と共通の主要資材単価を毎月、主要資材以外単価を毎年4月にそれぞれ改定している。改定後も値上がりが続いていることなどを踏まえ、最新の取引価格を適切に反映した工事費が積算できるよう見直す。

 10%以上の上昇となる資材は、建築で型枠用合板類が約11%、ガラス類が約12―20%、ボード類が約10―30%、電気でケーブル類が約10―15%、電線管類が約10―24%、位置ボックス類が約10―20%。機械は鋼、ライニング、ステンレス、銅など鋼管類が約10―32%、塩化ビニール管類が約10―23%、排水金物類が約10―20%となっている。

 国からの通知を踏まえ、市場単価についても補正率を掛けて積算する特別措置を1日に開始する。建築と機械設備は全項目で7月単価に補正率1・01を乗じる。電気設備はプルボックス用接地端子と防火区画貫通処理金属管・丸形用以外の配管工事、配線工事、屋外の接地工事で補正率を1・01とする。13日以降公告分から適用となる見込みだ。

 札幌中小建設業協会の大井貞雄会長は「単価引き上げの取り組みはありがたい」と評価する一方で、「まだ追い付いていない部分もあると思うので、できるだけ現状の単価に近い形にしてほしい。柔軟で迅速な対応を求めたい」と話す。

 市は随時必要な対応を講じることも視野に、建設資材価格の高騰状況を注視する。


関連キーワード: さっぽろ圏 入札制度 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

セントラルリーシング、千歳に複合レジャー拠点
2023年02月24日 (19,958)
イオン新店舗周辺の3路線を改良 室蘭市が24年度着...
2023年02月24日 (12,303)
真駒内地区義務教育学校、24年秋ごろ着工
2023年02月27日 (5,106)
ラピダスが千歳に半導体工場建設へ
2023年02月27日 (4,472)
来場者の五感を刺激 エスコンフィールド内覧会で実感
2023年03月11日 (3,898)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第251回「マスクの使い方」。換気がよい戸外ではそろそろ外しても大丈夫です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第30回「春を待つ街路樹」。街を彩り、運転をしやすくする、景観のお助けアイテムとも言えます。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第28回「『学び直し』の機会提供」。職場内の意識が改革され、多様性が取り入れられます。

連載 北海道開発事業費
見え始めた未来像
2023年度

迫る巨大地震
2023年度の北海道開発事業費を検証しながら、本道建設業の課題を整理する。