苫小牧駅前にビル建設 市が周辺エリアコンセプト2案

2022年10月04日 16時45分

旭町の科学センター移転も計画

 苫小牧市は、検討委員会で策定作業を進めている苫小牧駅周辺ビジョンのエリアコンセプト案として2案をまとめた。いずれも駅前をシンボルゾーンとし、シンボルビルを建てるほか、南北通路や交通広場などを設ける。また、旭町にある科学センターを駅前に移転する方向性を打ち出している。

 エリアコンセプト案は、「学び、気づき」と「暮らし」が出会う街をテーマに作成。0歳から100歳まで誰もが主役になれるまち、「競争」から「共創」のまちなどを目指して施策を展開する。

 検討会の議論を踏まえ、市は中間報告としてA、Bの2案をまとめた。A案は、さまざまな施設をバランスよく配置する〝バランス型〟、B案はアクティブスポーツの体験など、苫小牧らしいアクティブフィールドゾーンを設ける〝らしさ打ち出し型〟としている。

 両案とも駅前はシンボルゾーンとし、商業やホテルなどが入るシンボルビルのほか、市役所サテライトや科学センター(サイエンスパーク)、次世代環境配慮型オフィスなどを設置。交通・モビリティゾーンには次世代交通の拠点となるモビリティハブや拠点性が高く使いやすい交通広場、景観と環境に配慮した大型立体駐車場を設け、駅の南側と北側を結ぶための南北通路を整備する。

 文化・交流ゾーンに市民文化ホール、ウォーカブルゾーンにストリートテラスや街なかアートなど、健康・福祉ゾーンには多世代交流型集合住宅や家のような居心地の介護施設などを設ける。

 A案はこのほか、体験・気づきゾーンや多世代交流・学びゾーンを設け、駅前キャンプフィールドや防災拠点にもなる公園、冬でも遊べる屋内型公園などを整備する。

 B案は、A案で示す体験・気づきゾーンと多世代交流・学びゾーンに代わり、アクティブフィールドゾーンを設置。アウトドアオフィスやスケートボードなどのアーバンスポーツが楽しめるパークなどを設置し、苫小牧らしさを打ち出す案としている。

 市はこの2案を25日に開催予定の苫小牧駅周辺ビジョン策定検討会に示し、議論を深める予定だ。


関連キーワード: まちづくり 再開発 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,118)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,090)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,369)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,674)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。