23年に十勝川治水100年 防災意識向上へ記念碑

2022年10月05日 16時45分

記念事業実行委が初会合で計画

 2023年に十勝川の治水事業着手から100年を迎えるのに合わせ、十勝川治水100年記念事業実行委員会は記念碑の建立を計画している。設置場所は帯広市大通北2丁目にある十勝川インフォメーションセンター周辺で、23年秋の除幕式を予定。記念式典とともに先人の偉業を後世に伝え、防災意識向上につなげる考えだ。

 実行委は帯広開建、十勝総合局、帯広建設業協会などで構成。各機関・団体が連携し、流域のさらなる発展に向けた取り組みを進めるのが目的だ。

 4日、帯広市内のとかち館で初会合を開いた。記念事業案によると、記念碑建立のほか、23年度に十勝川インフォメーションセンターの改修を検討。内容は未定だが展示物を改める考え。管理者は年度内にアダプト制度で公募する。

 帯広市内のよつ葉アリーナ十勝では、23年秋に建設業関係者ら250人を集めた記念式典を開催。このうちシンポジウムには一般来場者含む500人の参加を見込み、基調講演と「仮称・十勝川を次世代へ引き継ぐために」をテーマにパネル討論をする。

 1973年に発刊した十勝川治水史は、続編を発刊する予定だ。72―2021年までの治水事業や災害を網羅し、シンポジウム会場で配布。このほか地域連携イベントとしてインフラツアーやパネル展などを企画する。

 会合で出席者から「地域住民とともにインパクトのある事業をすべきだ」「子どもを巻き込んだ取り組みも必要」などの意見が出た。2回目は11月を予定する。

 帯広開建は治水100年を記念してステッカーを製作。小林幹男部長は「治水の歴史、流域の発展を振り返り、地元の皆さんとお祝いしたい」と意気込む。

治水100年を記念して帯広開建が製作したステッカー

 十勝川流域では1883年からの開墾で伐採が急激に進み水害が頻発。1923年に国が帯広市に十勝川治水事務所を設置し、治水事業が始まった。下流部の湾曲解消や新水路の掘削、樋門整備などを進め、治水安全度の向上に努めてきた。


関連キーワード: 十勝 河川 災害・防災

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • オノデラ
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,119)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,092)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,371)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,677)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,520)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。