釧路町がセチリ太地区に津波避難施設新築へ

2022年10月07日 17時10分

3―5棟で年内にも整備計画

 釧路町は2024年度、セチリ太地区に津波避難施設を新築する計画だ。避難施設が遠い空白地域を埋めるため3棟程度を整備する方針だが、分散避難の考えによっては4、5棟にすることも視野に入れる。年内にも整備計画を固め、23年度に設計を進める見通しだ。

 セチリ太地区のうち北見団地、新開地区などは半径500m以内に避難施設がない避難困難地域となっている。日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震、津波発生時に住民約1700人が避難できる施設を整備する必要があった。

 道の津波浸水想定では、同地区の釧路川に近い地域は約5m、市街地では約3mの津波が到達する。建設地によって異なるが、避難施設は約1mを上乗せした高さを確保する考え。最大の施設で700人を収容する延べ1000m²の規模を見込む。1m²当たり工事費80万円程度として10億―20億円の大型事業となるもようだ。

 現段階では、北見団地などの地区を3区域に分けて3棟程度の設置を想定。一度に避難する人数を分散させて円滑な避難行動につなげる場合は、規模の小さい施設を4、5棟設ける考えもある。

 11月上旬から住民説明会を開催。住民の意向も加味しながら整備計画を12月ごろにも策定する。

 早期に整備する必要があるため、工事は23年度に前倒し発注する可能性がある。

 セチリ太地区では、釧路開建旧釧路河川事務所庁舎を防災交流センターとするための改修を進めている。地域の防災拠点機能を持つ施設と併せて避難施設が整備されれば一層の防災力向上が図られる。


関連キーワード: 災害・防災 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • web企画
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,740)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,536)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,488)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,157)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,069)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。