国道37号陣屋町2丁目交差点の減速対策 室蘭市が国に要望

2022年10月07日 17時20分

カラー舗装やセンターポールの設置想定

 室蘭市は、陣屋町2丁目にある国道37号と市道崎守通線の交差点で安全対策を国に要望している。伊達方面から続く長い下りカーブの途中に丁字の交差点があり、直進車と白鳥台に向かう右折待ち車による事故が多発している区間。市は直進車に減速を促す対策が必要とし、右折レーンのカラー舗装化やセンターポール設置を想定。早期事業化を求める。

早急な安全対策が求められる

 2013年度に事故ゼロプランの対象区間に選定された。道路整備の予算確保が厳しくなる中、市は要望の優先度を上げ、室蘭地方総合開発期成会の23年度新規要望に追加した。

 市の郊外部を通過する37号陣屋町区間は、室蘭―伊達間の主要幹線として利用され通行量が多い。対象となる陣屋町2丁目の交差点には室蘭側のみ右折レーンがあり、白鳥台地区へのアクセス道路となる崎守通線の右折待ち車が利用する。

 一方、対向車は伊達方面から長い下り坂を走行してくるため、カーブの途中にある交差点に減速せず進入し、右折待ち車との正面衝突事故が発生するなど危険な状況にある。

 交差点区間の全幅は11m。沢に沿った地形のため、市は「道路改良は困難ではないか」と見る。このため、交差点の視認性を高めることなどを求めて右折待ち車の安全通行確保につなげる考えだ。


関連キーワード: 国交省 胆振 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • web企画
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,119)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,092)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,371)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,677)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,520)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。