道の駅おとふけが開業5カ月で来場者100万人突破

2022年10月12日 08時00分

盛況もフードコートの狭さなど指摘 状況見て増築検討も

飽きさせない工夫が求められている

 道の駅おとふけ(愛称・なつぞらのふる里)の来場者が100万人を突破した。開業から168日目での達成に音更町の関係者は「想像以上の反響」と口をそろえる。一方で、フードコート内のゆとりがなく、来場者から「広くしてほしい」との声も聞こえた。町経済部の月居謙介産業連携課長は「来年度以降の状況次第で増築などを検討する可能性がある」と話す。

 同施設の年間来場者目標数は70万人だが、オープンからわずか5カ月の9月29日に100万人を超え、にぎわいを見せている。月居課長は「音更帯広ICに近く、何より(コロナ禍での)行動制限解除が大きい」とみる。

 9つの飲食店が入居するフードコートは人気スポットだが、利用者からは「席同士の間隔が狭い」などの指摘があったという。月居課長は「ゆとりができるよう設計しているが、想定を超える来場者で椅子やテーブルの数を増やさざるを得ない」と説明する。

 施設内の椅子やテーブルの収納スペースが手狭になったため、町は年度内に収納庫やウオーターサーバーの設置を計画。増築の可能性については「本年度は好調だったが、来年度以降どうなるか見通せない。続くようなら検討の余地はある」とする。

 周辺施設との連携も視野に入れる。柳月(本社・音更)の集客型工場スイートピア・ガーデンに隣接。町外から社会科見学などで訪れるケースもあり、教育の場としても効果を発揮する。

 小野信次町長は「飽きさせない工夫が重要。地元企業がイベントで活用するなど相乗効果を発揮している」と話し、今後も年間来場者数70万人を目指す。


関連キーワード: 十勝 道の駅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,118)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,090)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,369)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,674)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。