旧長沼小校舎利用し私立小新設へ 学びのさと自由が丘学園

2022年11月22日 16時40分

23年4月開校 中学開校計画も視野に

私立小として開校予定の旧北長沼小校舎

 長沼町の旧北長沼小校舎を利活用して開校を目指す、学校法人学びのさと自由が丘学園(細田孝哉理事長)設立と、私立まおい学びのさと小学校設置の各認可が、21日の北海道私立学校審議会で了承を得た。同学校法人は認可決定後、学校法人を登記する。空知管内初の私立小学校として、2023年4月に開校する。旧北長沼中を私立中学校として開校する計画も視野に入れ、全国から問い合わせがあることから、将来的に寮設置も検討する考えだ。

 同小は、1学年の定員を20人とし初年度は1―4年で開校。札幌方面からの通学を見込み、スクールバスを運行させ送り迎えする。

 文部科学省によって定められた学習指導要領に沿って、プロジェクト単位の体験学習を構築。学年の壁をなくし、縦割りで1年を通して活動する。不登校児童が通うフリースクールではなく多くの子どもたちに選択肢を与えるのが創立理念。

 NPO法人まおい学びのさと(細田孝哉代表理事)が、19年に東2線北15にある旧北長沼小と、隣接する旧北長沼中について、町と無償借用の協定を交わしている。

 20年3月に閉校した旧北長沼小は1969年建設で、耐震改修済み。校舎(RC造、3階、延べ2712m²)の3階に屋体(605m²)を配置。敷地面積は2万4160m²。

 14年3月閉校の旧北長沼中は校舎(RC造、2階、延べ1707m²)と屋体(RC造、平屋、延べ662m²)で、80年に建設。耐震診断の結果、耐震問題なし。敷地面積は2万5099m²となっている。

 旧北長沼小は私立小学校設置認可の決定後、登記した学校法人と町が借用を契約する。旧北長沼中は小学校4年生の中学校進学に合わせ、26年4月に私立中学校開設を予定。24年度の設置計画、25年度の設置認可を目指す。

 旧北長沼小校舎は現時点で改修の予定はないが、旧北長沼中は閉校後8年以上経過しており、劣化状況を確認する。

 NPO法人まおい学びのさと事務局は「家族で移住を考えている方もいる。地域の自然を生かした体験学習で、子どもたちの可能性を伸ばしたい」と話す。町政策推進課では「私立小学校新設で、地域活性化のほか、移住による人口増や町の認知度の高まりなど期待が大きい」としている。


関連キーワード: 学校 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,118)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,090)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,369)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,674)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。