恵庭市の旧青少年研修センター跡 恵庭光風会JVが利活用

2022年12月06日 18時55分

社会福祉施設4、5棟など

 恵庭市は、旧青少年研修センター跡地の利活用事業者を社会福祉法人恵庭光風会(恵庭市牧場牧場219の4、西一浩理事長)、土屋ホーム(札幌市北区北9条西3丁目7、山川浩司社長)、Glocal Design(札幌市中央区南1条西11丁目1、酒本宏社長)で構成する共同体に決めた。社会福祉施設4、5棟の新築と住宅地28区画を造成する。社会福祉施設は2025年4月までの開設、住宅地は早ければ23年度の販売開始を見込む。

 公募型プロポーザルで事業者を募り、11月22日に1億3470万円で仮契約を締結。6日の市議会総務文教常任委員会で担当者が結果を報告した。

 利活用するのは駒場町3丁目866の1ほかの1万5836m²。一帯は建ぺい率40%、容積率60%の第1種低層住居専用地域で、18年度に閉館した旧青少年研修センター(CB造、2階、延べ993m²)、3月に廃止したパークゴルフ場、23年3月廃止予定の駒場体育館(S造、平屋、延べ940m²)がある。

 社会福祉施設は恵庭公園側の敷地を活用し、障害者を対象にした生活介護施設、子ども向け支援施設、グループホーム、就労支援施設を想定する。

 住宅地は転入者と市民で半分ずつの需要を見込む。福祉施設エリアと合わせて緑化を推進し、転入者や地域住民、障害者が一緒に暮らせるまちをコンセプトに掲げた。

 恵庭光風会が社会福祉施設の建設や運営など、土屋ホームが住宅地整備など、Glocal Designが地域説明会運営などをそれぞれ担う。

 プロポーザルに参加したのは同共同体のみで、100点満点中73・6点を獲得した。市は財産処分案を第4回定例市議会最終日の13日に提出し、議決後に本契約を締結。年度内に所有権を移転する。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,812)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,105)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,430)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,356)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,128)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。