浜中町が津波避難タワー4棟新築 避難広場新設なども計画

2022年12月09日 16時00分

日本・千島海溝沿い地震対策で 23年度は基本設計

 浜中町は日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震に対応するため、2023年度に津波避難対策事業費として2億7000万円超を投じる。津波避難タワー4棟の新築を計画し、約4200万円を充て基本設計と地質調査に取り組む。このほか、丸山散布地区の津波避難広場新設に約2億円、霧多布高の屋上避難階段新築に約3000万円を投入する。

 町は、巨大地震対策をなどをまとめた緊急事業計画(23―27年度)を年度内に策定する。避難タワーや避難広場、屋上避難階段の新設を盛り込み、5カ年の施設整備に総事業費約16億3700万円を積み上げた。

 津波避難タワーは琵琶瀬親睦、新川西、暮帰別、仲の浜といった避難困難地域4地区に設置。津波基準水位は7―8mで、約10mの高さを確保する。広さは160―300m²とする方針だ。1棟当たりの工事費は約3億円に上り、4棟の総事業費は13億円程度となる見通しだ。

 24年度に実施設計、25年度に琵琶瀬親睦、26年度に新川西、27年度に仲の浜、暮帰別で施工する計画だ。建設地は町有地や民有地が候補となっている。用地取得などの準備が整った箇所から着工する考えだ。今後は住民説明会などを経て、年度内に整備計画を固める。

 丸山散布地区の避難広場は、公住散布団地H10裏の敷地に高さ4m、広さ2500m²の盛り土をする。工事費は2億円を超えるとみられ、23年度単年で施工する。

 霧多布高の屋上767m²を避難所とするため階段を新設。工事費は約3000万円を充当する。

 校舎はRC造、3階、延べ3773m²の規模。3階は基準水位の7.4mを超える7.9mに位置するが安全性を高めるため、11.5mの屋上への避難を計画する。階段のほか、転落防止柵なども整備する考えだ。


関連キーワード: 災害・防災 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,812)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,105)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,430)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,356)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,128)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。