道内初「LARP」建設も進む 弟子屈町の補助制度が好調

2022年12月14日 08時00分

小規模補助対応で施設整備が増える

 弟子屈町の企業振興促進補助制度が好調だ。小規模開発にも対応できるよう要件を見直したことで施設整備が増えている。道内初となるファンタジーを楽しめる空間「LARP」の建設が進むなど、今後の企業誘致にも期待ができそうだ。

自身で工事を進めるベスラーさん

 同補助は大型宿泊施設が3億円以上、簡易宿泊施設が5000万円以上の投資をする場合に支援する制度だったが、小規模開発にも支援できるように要件を2021年4月と、ことし6月に修正した。

 宿泊施設新設の投資額が個人200万円以上、法人1000万円以上とし、投資額が1億円以上で10分の1(上限額1億円)、1億円未満で2分の1(同1000万円)を補助する。

 20年度は交付実績がなかったが、21年度は宿泊施設4件、その他3件に8485万3000円を交付決定した。22年度当初予算には2000万円を計上。2件の申請があったため、7日の町議会で59万5000円を増額補正した。

 地域おこし協力隊で建築士の資格を持つドイツ人のベスラー・パスカルさんは弟子屈原野40線東32の14で、ファンタジーの世界を体験できるLARPを楽しめる施設整備を計画。自身でW造、平屋、延べ48m²とW造、平屋、延べ54m²規模のコテージを建設中だ。

 23年5月の完成を予定。ベスラーさんは「LARPはカナダやドイツで盛んで、カナダには専用の村が2つある。ぜひ魅力を知ってもらいたい」と話す。(釧路)


関連キーワード: 宿泊施設 観光 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸彦渡辺建設が31日付で清水建設の子会社に
2023年05月12日 (16,805)
上位50社、過去16年で最高額 22年度道内ゼネコ...
2023年05月11日 (8,481)
ラピダスの工場新築で関連企業から多数の問い合わせ
2023年05月25日 (6,812)
熊谷組JV、道新幹線トンネル工事で虚偽報告
2023年05月08日 (5,977)
砂川に複合型施設オープン シロの福永敬弘社長に聞く
2023年05月22日 (4,875)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第31回「特に需要が増える繁忙期」。情勢を把握して適切な宣伝を行うと、新規顧客獲得につながるかもしれません。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第255回「内臓脂肪蓄積」。ポッコリお腹は悪性肥満、生活習慣の改善が必要です。

連載 ごみの錬金術師

ごみの錬金術師
廃ガラス製品を新たな姿に。道総研エネ環地研の稲野さんの研究を紹介。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第32回「確実に伝えたい色」。青と黄色は色覚に左右されにくい「伝える色」です。