札幌総合卸センター跡のタワマンモデルルームが公開

2023年01月21日 08時00分

「ザ・札幌タワーズ」 ギャラリー21日オープン

 大京(本社・東京)など5社は、札幌総合卸センター跡地に建設中の分譲マンション「ザ・札幌タワーズ」のモデルルームを報道機関に公開した。東と西の2棟構成で総戸数は394戸。3月上旬にウエストタワーから第1期として約100戸を販売する予定だ。道内を中心に約800件の問い合わせが来ているという。

21日にオープンするマンションギャラリー

 どちらもRC造、30階、延べ2万m²の規模。間取りは1―4LDKの全44タイプで構成。最上階の最も広い部屋は121m²とする。各棟20階に入居者専用のスカイラウンジを設置。建物はタワーマンションとして道内初の長期優良住宅の認定を受けている。

 分譲価格は4000万―2億2000万円台を予定する。問い合わせがあった約800件の内訳を見ると6割が道内、4割が首都圏。主に年配者が住み替えなどで購入を検討しているようだ。

 今回公開した4LDKの部屋は、専有面積94m²で広々としたリビング・ダイニング・キッチンが特徴。ウォークスルークロゼットとシューズインクロークがつながっていて、物の出し入れがしやすい。

 設計は西松建設と企画設計事務所オルト、施工は西松建設が担当。施主は大京、京阪電鉄不動産、ミサワホーム北海道、大和ハウス工業、キムラとなっている。ウエストタワーは2025年3月下旬、イーストタワーが同年8月上旬の入居開始を予定する。

再開発マップ札幌版へ


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (2,967)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,347)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,313)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,221)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (814)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。