水管橋老朽化などで桂岡浄水場の水源移設検討 上ノ国町

2023年02月10日 16時45分

23年度にも方針、更新のみの可能性も

 上ノ国町は、桂岡浄水場の水源移設を検討している。水管橋の老朽化などが理由。コストの観点から移設せず設備を更新することも視野に入れる。早ければ2023年度に方針を固める。

 現在の水源は桂岡にある。普通河川苫符川から水を引き、主に自然流下でポンプ場を経由し、浄水場に流れる。大留など中心部、町全体消費量の7割ほどに当たる1日約1100tを配水している。

 完成後50年を超える水管橋の老朽化が著しいほか、水源に向かう林道は狭く、落石の危険も伴っている。近い将来、水管の更新なども必要となるため、対策が迫られている。

 水源の移設か現施設更新の2案で検討を進めている。水源移設の場合、現状より4kmほど下流にあるポンプ場のそばに新たな井戸を設ける考えだ。

 22年度は日水コンで水源の電気探査を実施。23年度は水源候補の水質を調査する。4月中旬にも指名通知し、同下旬に入札する。

 予定している水源は現状よりも低い位置にあり、水を引き上げるポンプの常時使用が求められるなどランニングコスト増が予想される。

 このため、23年度の調査を機に現水源の継続使用を含め、慎重に方針を検討する。水源移設となれば、最短で24年度にボーリング調査をする。


関連キーワード: 上水道 桧山

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,721)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,501)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,205)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,085)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (874)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。