オホーツク管内土木3官庁22年度12月末工事受注実績

2023年03月15日 17時00分

総額5%減、383億円 西村組が首位守る

 オホーツク管内土木3官庁(網走開建、網走建管、オホーツク総合局調整課)の2022年度第3四半期末(4―12月)業者別工事受注実績が本紙集計でまとまった。受注総額は383億8440万円で前年度同期比5.4%、21億9684万円のマイナスだった。管内業者のシェアは1.6ポイント減の89.1%。西村組が18年度から連続で第3四半期末の首位を守っている。

 落札額を税抜きで集計し、設計変更分は含まない。21年度発注のゼロ国債やゼロ道債などは全額を、多年度債は22年度支払い分を加算。共同体は出資比率で分配した。

 発注機関別では、網走開建が180億677万円(前年度同期比10.3%減)、網走建管が109億4838万円(4.3%減)、オホーツク総合局調整課が94億2924万円(4.1%増)だった。業者数は全体で142者となり9者減った。

 第3四半期(10―12月)の発注は62件で落札額は計23億1857万円。網走開建が6件で6億6955万円、網走建管が56件で16億4902万円、オホーツク総合局調整課はゼロだった。

 網走開建発注の242号置戸町北光函渠設置が1億5000万円と最も落札額が高く、単独受注した松谷建設は上半期(4―9月)から5位をキープ。網走建管では小石川広域河川改修が1億3800万円で最高額となり、共同体で請け負った北辰土建が13位から10位に上がった。9位だった五十嵐建設は無加川の護岸改修を受注し6位に、12位だった水元建設は訓子府川ほか災復で9位に浮上した。

 総額を地域別で見ると、管内業者のみ受注額が減少。管内業者は342億1313万円(7.1%減)、管外業者のうち道内は30億4986万円(4%増)、道外は11億2140万円(35.7%増)となる。管外業者のシェアは、道内が7.9%(0.7ポイント増)、道外が2.9%(0.9ポイント増)。

 上半期と比べると、第3四半期に発注した62件のうち管外の受注は1件にとどまり、管内のシェアは0.7ポイント拡大した。


関連キーワード: オホーツク

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 古垣建設
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ラピダス次世代半導体工場で起工式 
2023年09月01日 (2,484)
東日本高速道支社が道東道4車線化で2トンネルに着工...
2023年08月28日 (1,694)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,469)
ラピダス工場着工 道内で歓迎の声
2023年09月01日 (1,464)
7月1日時点道内基準地価/ラピダスで千歳の地価上昇...
2023年09月19日 (1,437)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。