江別の道消防学校がZEB認証 道有建築物で初取得

2023年03月25日 08時00分

 現在、江別市で改築工事を進めている北海道消防学校校舎が道有建築物としては初めてZEB(Nearly ZEB)認証を取得した。空冷式エアコンやLED照明など高効率な設備の導入、断熱性能向上、太陽光発電設置により、1次エネルギー消費量を国の基準から79%削減する。道では、2023年度に着工予定の室蘭建管苫小牧出張所改築、設計中の根室振興局中標津合同庁舎改築などもZEBで整備することを検討している。

改築後の校舎外観イメージ

 道消防学校は、消防組織法施行に伴い1948年に札幌市で開校し、65年に現在の江別市中央町16の1に移転。建物は老朽化が進行し、道が17年に実施した耐震診断で校舎と寮舎西棟が構造基準を下回り、校舎は改修が困難との診断結果が出て改築することにした。

 新校舎の規模はRC造、2階、延べ2652m²。工期は22年12月から24年6月まで。第三者評価機関の北海道建築指導センターから17日にNearly ZEB認証を取得した。

 1次エネルギー消費量削減に向けては、空冷ヒートポンプ式エアコンやLED照明、潜熱回収型給湯設備など高効率な設備を導入。外壁や窓の断熱性能向上、吹き抜けを利用した自然採光・自然換気による省エネルギー化、64㌔㍗の太陽光発電設備設置などの取り組みも実施する。


関連キーワード: エネルギー 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸彦渡辺建設が31日付で清水建設の子会社に
2023年05月12日 (16,805)
上位50社、過去16年で最高額 22年度道内ゼネコ...
2023年05月11日 (8,481)
ラピダスの工場新築で関連企業から多数の問い合わせ
2023年05月25日 (6,812)
熊谷組JV、道新幹線トンネル工事で虚偽報告
2023年05月08日 (5,977)
砂川に複合型施設オープン シロの福永敬弘社長に聞く
2023年05月22日 (4,875)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第31回「特に需要が増える繁忙期」。情勢を把握して適切な宣伝を行うと、新規顧客獲得につながるかもしれません。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第255回「内臓脂肪蓄積」。ポッコリお腹は悪性肥満、生活習慣の改善が必要です。

連載 ごみの錬金術師

ごみの錬金術師
廃ガラス製品を新たな姿に。道総研エネ環地研の稲野さんの研究を紹介。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第32回「確実に伝えたい色」。青と黄色は色覚に左右されにくい「伝える色」です。