浜中町が丸山散布津波避難施設新築を5月にも指名

2023年03月24日 16時11分

2カ年で整備 事業費は4.3億円

 浜中町は、丸山散布地区に新設する津波避難施設の本体を5月の連休前後にも指名通知する。5月に入札して仮契約を結び、6月定例町議会で承認され次第、着工する見通し。2024年10月下旬の完成を目指す。公住散布団地H10の裏手にある敷地で盛り土1万3000m³を施工する計画。23、24年度の事業費は4億3324万7000円を見込む。

 同地区に津波到来時の避難施設がなかったため新設を計画。道が21年7月に発表した津波浸水想定から、公住裏手の敷地に4m程度の盛り土を施工する。標高7m、面積約2000m²で乗用車80台分の駐車区画を設けるが、最大140台が駐車できるスペースを確保する。基本、実施設計は開発工営社が担当した。

 当初は事業費1億―2億円程度で単年度の施工を見込んでいたが、液状化対策などの地盤改良が必要なことが判明。安全性を確保するために2カ年で施工することとし、総事業費も増大した。

 1年目は液状化対策を中心に実施。このほか取り付け道路部分にある旧教員住宅2棟を解体する。いずれもW造、平屋で、延べ53m²と延べ63m²の規模となっている。23年度予算に事業費2億4048万1000円を計上した。

 2年目は盛り土や避難スペースの舗装に移る。盛り土は、同地区近隣で発生した浚渫土1万3000m³の活用を見込む。24年度の継続費として1億9276万6000円を試算している。

 いつ地震や津波が起こるか分からないため、工期末を24年10月下旬と早めに設定し、避難施設を早急に整備する方針だ。


関連キーワード: 災害・防災 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (2,956)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,354)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,296)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,258)
アルファコート、北見駅前にホテル新築 「JRイン」...
2024年04月16日 (905)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。